ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

世界中が知らん顔、コロナ給付金、日本が世界一。

f:id:gunjix:20201029100532j:plain

米コロンビア大学経済学部のセイハン・エルジン教授が、世界166カ国の「コロナ経済支援対応」について調査した⬆。結果、最も積極的な対応を行ったのが日本政府が打ち出した国内総生産(GDP)の約20%にあたる108兆円規模の政策パッケージだった( ⬆上のグラフでマルタが日本を上回ったのは、欧州連合の基金からの供与で自国のGDP対比ではない)。アメリカはGDPの約14%、オーストラリアは同11%、カナダは同8.4%、イギリスは同5%に過ぎなかった。エルジン教授によれば、ダイレクトペイメント(現金による直接支援)でも日本がダントツの世界一だった。米国の現金給付額は、全国民へ支給した日本とは違い年収7万5000ドル以上の世帯は減額、9万9000ドルを超えると支給されず、もらえない人・減額された人、大人・子どもの割合も踏まえて、国民一人あたりの平均支給額を出すと、一人あたりは650ドル(約7万円)程度だった。お隣り韓国では、世帯人数に応じて、現金給付がなされ、1人当たりにすれば、わずか2万1500円~3万4000円であり、なおかつ、所得上位3割の人には不支給なのだ。シンガポールは、最大7万2000円の現金支給、イタリアは、月600ユーロ(7万3200円)の休業補償だが、申請するところがパンクしており、支払えていない。イギリスでは無給となってしまった人のみ、最大32万円の支給がされるといった現状だ。貧しい人もお金持ちも子供にも分け隔てなく1人につき10万円、4人家族で1世帯あたり40万円の現金を支払ったニッポン。「日本はすでに世界の経済大国ではない」と侮蔑してきた国々は、自国の現金給付と比べてコロナ給付金額世界一のニッポンに「知らん顔」するしかないようだ(笑)

Wシリーズ制覇、ロバーツ監督が凄いのは日系人だからではない。

f:id:gunjix:20201028200551j:plain

米大リーグのワールドシリーズで、ドジャース(ナ・リーグ)がレイズ(ア・リーグ)に3―1で勝ち、4勝2敗で32年ぶり7度目のワールドシリーズ王座に輝いた。ドジャースを優勝へと導いたのは沖縄出身の母親栄子さん(⬆上写真左)と沖縄駐留のアメリカ海兵隊員だったウェイモンさんを父に持つデーブ・ロバーツ監督48歳だ(⬆上写真右)。早速、日本のマスコミは日系人監督によるワールドシリーズ制覇と騒いでいるが、ロバーツ監督が優勝した本当の意義は「マイノリティ」出身の監督が成し遂げたドジャース球団史上初の快挙である点だ。2015年のシーズン終了後、ドジャーズ球団がデーブ・ロバーツを監督に招聘したのは球団史上でのエポックメイキングだった。当時の『MLB.com』は「父がアフリカ系アメリカ人の元海兵隊員で母は日本人のロバーツが、初めての黒人選手ジャッキー・ロビンソンを生んだドジャースで、初めての非白人の監督となった」と報じている。ドジャースの球団史上で初めての「非白人」=マイノリティーの監督となったロバーツ氏は、その歴史的な意義について「最初にオファーをもらったときにはどれだけ大きなことか考えていなかった」が「多くの人が道を切り開いてくれたと思う。ドジャースの最初のマイノリティーの監督であるということの責任を、決して軽くはとらえていない。一生背負っていくものだと思う」と決意を示したのだ。そして監督就任からわずか4シーズン目で世界一を手にしたロバーツ監督、マイノリティ出身の監督はMLB全球団の1割程度という厳しい「人種の壁」の現実を乗り越えて掴んだ世界一、ロバーツ監督、心からおめでとう!

 

TVじゃ言えない!タワマン強盗被害者はAV女優の里見ゆりあさん。

f:id:gunjix:20201027193848j:plain

東京・目黒のタワマンの高層階に、3人の男が押し入って現金600万円を奪って逃げた事件。被害者の30代女性が、NHKを始め民法テレビ各局の取材に堂々と顔出しして被害の様子を語る姿は、見る側にとっては異様にも思えた。さらに、30代の女性が自宅内に現金600万円を置いていたという不可解な状況などテレビニュースでは何ら説明がないため、ますます異様な印象だけが残った感がある。こういう時はマスメディアよりもSNSと情報検索してみたら、一気にナゾが解けた。テレビ各局の取材に堂々と顔出しして被害を訴えたのはAV女優で知られた里見ゆりあ嬢。35歳の彼女が現金600万円を手元においていたのは何の不思議もない話だし、SNSの情報によれば、彼女は以前に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘されていた伝説のAV女優だそうだ。今回の事件は犯人がスピード逮捕されて一件落着したが、テレビのニュース報道の限界が露呈された事件でも合ったと言えるだろう。被害者が伝説のAV女優であり、30代の女性が現金600万円を自宅に置いていた理由を説明することもできなかったのだから。若者たちがニュースはテレビで見るよりネットで見る理由が よくわかった事件ニュースだった。

世界的アーティスト村上隆をナゼ日本人はパクリと言うのか。

f:id:gunjix:20201025222355j:plain

「世界遺産にポルノ作品を飾るのは、冒涜だ」と作品展示中止を叫ばれながら、フランス・ベルサイユ宮殿で『Murakami Versailles』が開催されたり、男性器を握りしめた裸の青年の等身大のフィギュアがニューヨークのオークションで1516万ドル(約16億円)で落札されたり、英国のオークションでは等身大フィギュア『My Lonesome CowBoy』が1516万ドル(約16億円)で落札されるなど世界的に作品の評価が高いPOPアーティスト村上隆氏(58)⬆。しかし、残念なことに日本で彼の作品への評価はとても低いのだ。村上氏の芸術が、日本の「アニメ」「オタク」文化からのパクリだというのがその理由だ。日本では「村上隆がすごいんじゃなくて、彼がモチーフにした日本のアニメ文化が培ってきた土壌がすごいんだ」という考え方が一般的だ。村上氏本人は、アニメをモチーフに世界に通じるPOP作品を生み出した経緯についてこう語っている。「アッと、ひらめいたんですよ。ギリシャ彫刻からずっと、美の形式は出自が西洋ですが、アニメのフィギュアには西洋がまるっきり入っていない。セクシュアルなリビドー(欲望)に忠実で。これを西洋の芸術のフォーマットに乗せたら、ものすごくショッキングだ、とひらめいたんです。ただ、日本のフィギュアのままでは、セクシュアル度数が強すぎて。だから、セクシュアリティーを薄めたりしながらつくると、(日本人の)オタク的には『生ぬるい。なんじゃこれ!』の作品になっちゃうんですよね。でも(世界の)アート界では『ストライク!』となりました」。かつてスープ缶やマリリンモンローをモチーフにPOPアートを生み出したアンディ・ウォーホルと同じに村上氏は、アニメをモチーフに新たなPOPアートを生み出し世界中の人々が『ストライク』(心を打たれた)のであり、単なるパクリのレベルではない事に日本人オタクは気付くべきだろう。

「10万円給付を貯金」と嘆く麻生大臣「北風と太陽」だヨ。

f:id:gunjix:20201025005919j:plain

麻生太郎副総理兼財務相が、新型コロナウイルス対策の一環として国民1人あたり10万円を配った「特別定額給付金」について、「その分だけ(個人の)貯金が増えた」と述べ、消費を喚起する効果は限定的だったとの見方を示した。麻生氏は講演会で「(個人の)現金がなくなって大変だというのでこの夏、1人10万(円給付)というのがコロナ対策の一環としてなされた」。その給付金の効果について「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました」と主張した。さらに「カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」と重ねて強調した。確かに、8月31日〜9月2日に金融リサーチ会社リスクモンスターが、インターネットを使って「給付金10万円をいくら使いましたか」という調査を行った所、10万円を受け取ってからすでに3ヶ月たっても「1円も使ってない」と答えた人が36.2 %、「1円から2万円以下」と答えた人が 5.5%も居た。つまりは、国民の約4割以上の人々が支給から3ヵ月経っても給付金を使ってないというのだ。麻生大臣がコロナ禍で国民消費を増やしたいのなら、イソップ物語の「北風と太陽」の話を思い出せば良い。国民の外套(貯蓄)を脱がしたいのなら、冷たい北風(わづかな給付金)より、温かい太陽(Go toキャンペーン)を旅行・飲食・近くの商店街など長期に渡って続ければ国民の消費意欲は次第に増えてゆくに違いない(笑)

「コロナ感染少ないのは魚を食べるから」日本住まいの英国人医師。

f:id:gunjix:20201024141645j:plain

コロナ禍の6月まで日本に1年間滞在し、看護指導をしていたイギリス人ドクターキャンベル氏⬆が、英国に帰国したあとyoutubeで、日本のコロナ感染が欧米に比べて少ない理由について語っている。キャンベル・ドクターによれば、日本で感染者が少ないのは「文化(マスク、換気)、魚食(ビタミンD)、肥満率が少ないのが理由」と語った。キャンベル・ドクターの話を要約すると「私は、6月まで東京に1年間住んでた。身近に感染者は一人も出ていなかった。毎日の感染者数も100から300をいったりきたり。その理由のひとつが私は日本人全員がマスクをしてるからだと思う。お店の入り口には消毒液が置かれてるし、電車では会話しない。パーソナルスペースはアメリカより狭いけど、アメリカほど中に人がいない。日本人は、洗濯物を外に干すから、みんな窓を開けて換気してる。部屋が狭いから換気しやすいというのもある。入国時に全員検査して、結果が出るまで空港から出られない。最近は入国制限を緩め始めてるから、外国人が増えることで感染者が増えるのか興味がある。国内の移動に制限はない。公園とかスポーツはやるけど、日光は避けてる。魚もだけど野菜や海藻もよく食べる。ビタミンサプリは売ってるけど、特に奨励してはない。以上、どれも我々(英国人)にとっても簡単なことなのに、英国人はフリーダム(自由さ)のほうばかりを求めて実に皮肉な結果を生んでいる。魚をよく食べ、ルールを守る日本人、コロナに「勝つ国」としては唯一の先進国なのかもしれない。

 

1人で武道館を満員にしたJAZZの鬼才キース・ジャレット引退?

f:id:gunjix:20201023121840j:plain

ジャズ・クラシック界を代表する世界的なピアニスト、キース・ジャレット氏(75)⬆が21日、2度の脳卒中により体の一部がまひし、公演活動に復帰できる可能性は低いと自ら明かし、音楽界に衝撃が広がっている。39年前の1981年東京の日本武道館、大阪のフェスティバルホールをたった1人のソロ・ピアノ演奏で満員にしたキース・ジャレットの魅力とは一体何なのか。彼の演奏の最大の魅力は「完全即興」であり、コンサートごとに「どんな演奏が繰り広げられるかわからない」という点だろう。モダンジャズは、スウィング・ジャズ以降、ビバップ(ダンス 音楽 のジャズからアドリブ主体演奏)へと発展したが、そのビバップですら、テーマ(主題)やコードが決まったうえでアドリブが行われていた。それに対して、キース・ジャレットが行ったライヴ・パフォーマンスは、テーマやコードすらなく、まさに完全な即興演奏なのだ。彼の手による即興演奏は、世に衝撃を与え、その深い表現力と構造は、ジャズ・ピアノの可能性を大きく広げたとされている。キース・ジャレットのライヴ演奏は、観客の声出しや拍手・スマホの着信音など、とにかくキースにとって「雑音」となるものは厳禁という厳密なルールがあり、過去には観客の咳や指笛などを理由に、演奏を中止、そのままコンサートを強制終了してしまったというケースがしばしば起きた。「たかが咳ぐらいで演奏をやめるなんて傲慢では?」と思われがちだが、キース・ジャレットの「何もない静寂の中から音をつむぎ出して即興演奏をする」という現象を見届けるためには、どれだけ演奏に感銘を受けようと、「拍手をしてはいけない」、「声援を送ってはいけない」という暗黙のルールがファンの側に存在しているのだ。モダン・ジャズ界の鬼才キース・ジャレットのピアノがもう聞けない、ファンにとっては断腸の思いだろう。