ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

スパコン富岳、「他にすることあるだろ」爆問太田の発言は正解。

f:id:gunjix:20210124203333p:plain

TBSテレビ「サンデー・ジャポン」で、ウレタンマスクと不織布マスクの効果の違いについて説明したシーンで、飛沫防止効果(吐き出し)が不織布マスクで80%なのに対し、ウレタンマスクは50%程度であるなど、スーパーコンピューター「富岳」のデータを使って解説された。これを見た司会の爆笑問題太田光が、「コロナといえば『富岳』の飛沫シュミレーションが必ず出てくる。『富岳』と言えば世界一のスーパーコンピュータなのに、もっとコロナのためにすることがあるだろう」という旨の発言をしてスタジオ内の笑いを取ったが、確かに、飛沫シュミレーションの他に世界一のスーパーコンピュータ「富岳」がコロナ対策にどんな貢献をしたのか、我々素人にはまるっきり見えてこない。富士通と組んで「富岳」を共同開発した理化学研究所のサイトを覗いてみると、新型コロナウィルスの研究テーマとして「室内環境におけるウイルス飛沫感染の予測とその対策」と新型コロナウイルスの感染拡大及びその社会経済的影響を明らかにする「パンデミック現象および対策のシミュレーション解析」が掲げられているだけだ。世界一の性能を誇るスパコン「富岳」は、「ワクチンの開発」とか「ワクチンの副作用のシュミレーション」とか、我々庶民レベルでも理解できる成果を上げるためにはまったく役に立たない「代物」のようだ。計算速度、アプリケーションの処理速度、人工知能の計算性能、グラフ解析力のいずれでも世界トップの能力を誇るという「富岳」、ロシア・中国・イギリス・アメリカの国々がスピーディに開発に成功した「コロナワクチン開発」にはまるっきり貢献できない「宝の持ち腐れ」スパコンであることは間違いなさそうだ(笑)

 

 

「おーいお茶」を米国GoogleやFacebook社員が飲んでる理由。

f:id:gunjix:20210113104213j:plain

GoogleやFacebookをはじめ、IT企業が多く集積する米国サンフランシスコのシリコンバレーに勤務する社員たちの間で日本の緑茶ドリンク「お~いお茶」が“注目され、多くのオフィスで飲まれている。サンフランシスコの企業向け飲料卸会社Bayco_Vendingによると「お~いお茶」の販売数が2012年ころから急激に伸びはじめ6年間で40倍近い販売数となり、2019年以降も順調に伸びているという。シリコンバレーの最先端のIT技術者たちが緑茶でコンディションを整えているとは意外だが、日本人とは緑茶に対するとらえ方がちょっと違うようだ。「いわゆるエネルギードリンクと違ってお砂糖が入っていません。エネルギードリンクは効果が切れた途端、ぐったりするのですが、お茶は無糖なので、そういったエネルギー切れを起こしません。カフェインの効果が緩やかに持続します。無糖なので健康にいいと思います。一日中飲んでも大丈夫。それに美味しいし」とIT技術者(⬆上写真)は「おーいお茶」を愛飲する理由を語っている。メーカーの伊藤園が現地で実施したアンケートによれば、日本人がおいしさや健康性を理由に緑茶を飲むのに対して、シリコンバレーの社員達は「頭がスッキリするから」「リフレッシュするのにいいから」といった意見がほとんどだったという。かつてシリコンバレー地域のITエンジニアは、ミネラルウォーターの愛飲者が多かったのが緑茶を好む人が増えたのは「緑茶にはナチュラルなビタミンCが入っていたり、抗酸化作用があったりすることを知って、水よりも緑茶のほうが健康的な飲み物である」と認識したのがその理由、と「伊藤園」では分析している。近い将来、アメリカでコーヒーブレイクがグリーンティブレイクに取って代わる日がやって来るかもしれない(笑)

井岡一翔が「タトゥー騒動」でJBCをノックアウト。

f:id:gunjix:20210122105043p:plain

昨年大みそかのプロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでタトゥー(入れ墨)が露出した状態で闘った王者の井岡一翔(⬆上写真)に、JBC日本ボクシングコミッションが、「口頭注意」という軽度の処分で済ませることがわかった。JBCのルールでは「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は試合に出場できないと定められており、JBCはタイトルマッチ終了後、井岡に何らかの処分を科すと思われたが、軽度の処分で済ました事で井岡一翔が、JBCに「勝利した」形となった。問題の試合をテレビ観戦していた人なら誰でも気付いたはずだが、井岡は明らかにタトゥー(入れ墨)を隠すというより観客に誇示するような形でリングに上っていた(⬆上写真)。この状況についてJBC側は、試合前、JBCスタッフ立ち会いのもと「井岡の左腕にファンデーションを塗って隠す措置を施したが、塗りが薄かった為、時間の経過や汗により薄れてしまった」と弁明したがテレビで見ていた限りでは、途中からではなく試合の最初から井岡のタトゥーはハッキリと見て取れていた。つまり、タトゥー禁止に「抗議」する意味で井岡は、試合前タトゥーを隠すファンデーションを拭ってしまったようなのだ。試合直後、米専門メディア「ボクシングシーン」の取材に、井岡は「タトゥーを隠すのは本当に意味がなく、このルールを廃止したい」と強調し、日本在住の外国人ボクサーには宗教上の理由で容認していることを指摘し「禁止するなら全員禁止にするべきだ」とも主張、「JBCが(タトゥーを理由に)日本で闘うことを禁じるのなら、海外で闘う」と表明していた。確かに今回の寛大過ぎる処分は、「タトゥー問題」に徹底抗戦の構えを見せる井岡の迫力にビビったJBCが、完全にノックアウト負けしてしまった模様である(笑)JBCは、これを期に時代遅れの「タトゥー禁止」ルールを撤廃すべきだろう。

 

魚とビタミンD、コロナ感染が欧米より少ないナゾが解けた。

f:id:gunjix:20210120110332p:plain

アメリカの医師・科学者ら200人が連名でビタミンDの濃度が低いと新型コロナウイルスに感染しやすくなり、重症化もしやすくなることを防ぐため、ビタミンDの摂取量をすぐに増やすように米国国民に求める公開書簡を出した。ビタミンDの不足は血液に影響を与えて免疫反応に乱れが生じるといわれ、アフリカ系アメリカ人やホームレスに見られるコロナ感染後の重症化は、ビタミンD欠乏症が関係していると研究者は指摘している。また、イタリア・ギリシャ・スペインといったコロナ感染が深刻な被害をもたらしている国々では、ビタミンD欠乏症の割合が70~90%にのぼっているという。では、日本人のビタミンDの摂取量はどうなのか。平成27年国民健康・栄養調査によると、日本人のビタミンDの平均摂取量は7.5㎍で、健康維持に必要な摂取量の目安を十分に満たしており、 そのうち魚介類からの摂取が5.8㎍と全体摂取量のの77.3%を占めているという。昨年、コロナ禍の日本に1年間滞在した英国人医師キャンベル・ドクターも、日本で感染者が少ないのは「文化(マスク、換気)、魚食(ビタミンD摂取)、肥満率が少ないのが理由だ」とyoutubeで語っている。身近に迫ってきているコロナ感染から自分の身を守るために、手洗いやうがいの励行、マスク着用、濃厚接触を減らす、といった対策のほかに ビタミンDを摂取して「免疫力を高める」ことが重要だろう。ビタミンDの研究を行っている神戸学院大学栄養学部の田中教授は「ビタミンDを受け取る受容体が多くの免疫細胞に存在することから、(コロナ感染を防ぐ)免疫機能を維持するためにビタミンDを沢山摂ることが重要だと」と語っている。早速、焼肉を止めて魚を食べようではないか。

大河ドラマや新1万円札の「渋沢栄一」知らない人ナゼ多い。

f:id:gunjix:20210109223555j:plain

今年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公で3年後の2024年度に発行される新1万円札の肖像にも採用される予定の渋沢栄一。にわかにクローズアップされた偉人だが、なぜ多くの日本人は、渋沢栄一の功績について知らないのだろうか。「そんなに有名な人なの」「何をした人なの」「学校の教科書に載ってなかったよね」の声がSNS上にひんぱんに挙がっている。渋沢栄一は1867年主君であった最後の将軍徳川慶喜の弟昭武のフランス留学にお供として付き添い、フランスに2年近く留学した。渋沢は、パリで銀行家フロリへラルトと出会い、江戸時代の日本には存在しなかった「銀行」とは何か、「株式」とは何かなど「資本主義」について「自由経済」についてのほとんど全てをパリに居た2年の間にフロリヘラルトから完全に習得した。帰国後、この時に得た知識と経験を基にして渋沢栄一は日本の金融制度、株式会社制度を確立し、日本における「資本主義の父」と呼ばれるようになったのだ。つまり武家社会で「士農工商」の中で一番蔑まれていた「商業」を近代日本の成長の礎に据えた人物なのだ。その彼の知名度がなぜこれほど低かったのか。その理由は、彼が掲げた「論語と算盤(ソロバン)」という主張のためだった。論語=(道徳)と算盤=(利益の追求)は「相反する」という考え方が一般的だった世の中で、渋沢はこれでは社会の発展はなく、この2つを両立させることで日本は繁栄できると主張した。こうした渋沢の「利益追求思想」つまり「ソロバン勘定」は教育的には不適当と考えられ、彼の功績はつい最近まで学校の教科書には採用されず、彼はほとんど無名のままだったというわけだ。士・農・工・商の身分制度の考え方が、21世紀の現代日本にもまだ生き残っていたというれっきとした証拠だろう。

 

 

朗報!Apple WatchでPCR検査よりコロナ感染が早くわかる。

f:id:gunjix:20210119014830p:plain

現在、コロナ感染は、熱がある、気分が悪いという個人の感覚で感染を疑い、PCR検査を受けることで陽性か陰性かがはじめて判明するというのが一般的な方法だが、Apple Watchを身につけているとPCR検査を受ける前や無症状の段階でコロナ感染を検出できる、という研究報告が発表された。アメリカの病院ネットワーク Mount Sinai Health System など NY市の主要な医療機関によってApple Watchを装着した約300人の被験者を対象に5ヶ月間の追跡調査を行った結果がそれだ。研究グループは、Apple Watchが個人の心拍数の微妙な変化を検出できる点に着目し、この高精度な心拍数モニタリング機能を用いることで、「PCR検査で陽性と出る最大7日前に装着者がコロナウィルスに感染していることを検出できる」としている。具体的には、心拍数の変動を測定基準にして分析を行い、この心拍数の変動が人の免疫系にどの程度機能しているかを測る指標にするのだという。マウントサイナイ医科大学のヒルテン教授は「体内で炎症が発生すると、心拍数変動マーカーが変化することはすでにわかっていた。コロナ感染は非常に炎症性の高い症状を示すため、PCR検査をする前にコロナ感染の事実を予測することが可能になる」と語っている。さらにヒルテン教授は「今のところ熱がある気分が悪い、という個人の感覚に頼ってPCR検査を行ってるが、Apple Watchを身につけていればユーザーは入力などなしに、無症状であってもコロナ感染を特定することができるためPCR検査より適切にコロナ感染をチェックできる優れた方法になる」と語っている。現在、心拍数が一定期間以上上昇した場合にApple Watch着用者に警告を示すブザーが鳴るシステムを開発中だという。早期の「コロナ感染発見アプリ」の開発が待たれるところだ。

 

 

日本の2chanをマネたネット右翼がトランプを大統領にした。

f:id:gunjix:20210116202839p:plainhan

バイデン新大統領の就任式への欠席、Twitterの永久停止、弾劾裁判とトランプ氏の大統領としての権威はまたたくまにバブルのごとく消えてしまった感があるが、今になって、トランプ氏を大統領に就かせたのは日本の2chan掲示板をそっくりマネたアメリカの掲示板4chanでトランプ氏を擁護し続けた「オルタナ右翼」Alt Light(日本ではネット右翼と呼ぶ)だという説が出てきた。オンラインマガジン「クーリエ・ジャポン」の記事の中で、ライターのデール・ベラン氏は、日本で生まれた「chan文化」がドナルド・トランプを大統領の座につかせたのだと非難した。日本の2chanをマネたアメリカの4chanは、創設者であるクリストファー・プールが「日本の2ちゃんねるの匿名掲示板にヒントを得た」と明言している。米国の 4chanは、ユーザーが匿名で過激な政治思想やハラスメント、人種差別、反ユダヤ主義、そして陰謀説を煽るプラットフォーム化しており、掲示板にはトランプ氏が主張する白人至上主義、反移民、反フェミニズム、女性蔑視、反共産主義などに賛同するネット右翼たちが集まっているというのだ。匿名で過激な政治思想を述べられるという日本独特の掲示板2ちゃんねるのようなものはアメリカにはかつて存在しなかった。欧米では「匿名」による発言は、社会における規律や役割を守るものではなく、それを回避する卑怯な手段と考えられてきたのに、ネット上でそれが許されたことによってトランプ氏が主張した「アメリカファースト」に多くの匿名のネット右翼が賛同したというわけだ。いささか強引すぎる意見にも思えるが、匿名で社会批判する日本独特のちゃんねる掲示板は、やはり欧米の社会通念からすれば「アウト」なのかもしれない。