ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

戦国時代、敵の首で報酬をもらったサムライに海外が驚く。

 

f:id:gunjix:20200813010950j:plain

YouTubeにサムライが敵の首を取って報酬をもらう、という戦国時代の習慣について英語で解説した映像がある。敵の首を取って出世する、という武士社会のしきたりは、外国人にとっては、どうにも理解し難い事のようだ。この動画の解説を聞くと「15世紀から17世紀の戦国時代になって、敵の首を取る事はサムライの一般的な行動規範となった。戦場でその日の戦いが終わると、大名のもとにサムライ達が集まり、その日に取った首を披露する」「足軽が敵の首を取ってそれを主人に捧げることができれば、この足軽はサムライの身分に取り立てられることもあった」「斬首は時間がかかる作業だ。敵の頭を押さえつけて、刀で首を切り取らなければならない。激しい戦いの場では、スピードが要求される。武将や大名の多くが、この斬首にかかる時間の無駄に気づき始めた。これら諸々の問題を鑑み、斬首を禁止する武将も現れたが、これは逆に戦場で報酬を受けたり、名声を高めるためには首を取るしかなかった自分の部下達を怒らせてしまう結果に至ることもあった」。外国人にとって、敵の首を取ることで報酬を得たり、出世につながるというサムライのしきたりはあまりにも奇異に映るようだ。この映像では触れられていないが、織田信長が天正2年(1574年)の正月、浅井久政長政父子と朝倉義景の3人の首(頭蓋骨)を薄濃(はくだみ)=(金箔と漆で化粧)したもの、を酒宴で披露した(出典:信長公記)逸話はあまりにも有名だ。400年前、サムライという「首狩り族」が我が日本に存在していた史実は、海外の人達に知られたくない「黒歴史」と言えるだろう。

 

日本人には信じられない、米国のドクターペッパー品切れ。

f:id:gunjix:20200813192606j:plain

世界一のコロナ禍に見舞われてるアメリカで、マスク、消毒液、トイレットペーパーに続いて、今度は炭酸飲料のドクターペッパーが極端な品薄に陥っているという⬆ニュース報道があった。日本人からすれば、あの不味いドクターペッパーがナゼ品薄になってニュースになるのかと訝しむが、ドクターペッパーはアメリカ人にとっては欠くことの出来ない国民的飲料なのだ。5年前、104歳を迎えた米国人女性エリザベス・サリヴァンさんが、彼女の長寿の秘訣を聞かれて、1日に3本、炭酸飲料「ドクターペッパー」を飲み続けていることだ、と答えた話は、多くのアメリカ人が知っている。ドクターペッパーは、見た目がコカコーラにそっくりな炭酸飲料だが、大きな違いはやはり20種類以上のフレーバーが入っている点だろう。このスパイシーさを日本人は「不快」と感じる人が多く「薬のような変な味がする」と表現する人が多いというわけだ。アメリカ人と日本人でこれほど「好み」が分かれるドクターペッパー、その理由は日本人より肉を多く食べるアメリカ人の食習慣にドクターペッパーのスパイシーな味がマッチするという事のようだ。さらにドクターというネーミングが国民飲料としての地位を得るのに役立った。炭酸飲料が健康的だというイメージはないが、135年前、薬剤師だったチャールズ・アルダートン氏が様々な成分を合わせて作ったドクターペッパーは、健康的で体に良い飲料としてイメージされ、アメリカ人が日常的に飲む炭酸飲料として、135年間も多くの人に愛飲され続ける国民的な飲み物になったというわけだ。

マスクする日本人「みんな着けてるから」ニューズウィークの読み的中。

f:id:gunjix:20200811174008j:plain

国民にマスクを着けさせるにはどうすればよいか?米国メディアNewsweek誌が、コロナ禍で、アメリカ・ドイツ・イタリア・日本の各国政府が国民にマスクの着用を呼びかける「決めセリフ」をジョークで表現した。アメリカ政府は「マスクをする人は英雄です」。 ドイツ政府は「マスクをするのがルールです」 。イタリア政府は「マスクをすると異性にモテます」。 日本政府は「みんなマスクしていますよ」というものだが、それぞれの国の民族性を見事に捉えたジョーク表現と言えるだろう。中でも日本の「みんなマスクしてますよ」という呼びかけは日本人の「集団主義」「同調圧力」という国民特性を見事に捉えていて実にシニカル(皮肉)だ。このニューズウィークの記事と同じタイミングで、同志社大の中谷内一也教授のチームが「マスクを付ける理由について」インターネットで行ったアンケート結果を発表した。年齢や居住地などの構成が日本の縮図となるよう千人を選び、マスク着用の理由や頻度を尋ねると、断トツで多かったのが「人が着けているから」で「他人への感染防止」という人はほとんどいなかった。やはり、ニューズウィークの読み通り、日本人は「同調圧力」を感じてマスクを着けてる人がほとんどのようだ(笑)

初球は「ツーシーム」と見破った大谷投手の同点2ラン。

f:id:gunjix:20200811194735j:plain

エンゼルスの大谷翔平(26)が10日アスレチックス戦に「5番・DH」で先発出場し、6回の第4打席で同点2ランを放つなど4打数2安打2打点の活躍で勝利に貢献、チームの連敗を3で止める活躍を見せた。中でも大谷らしさが光ったのは6回に放った同点2ランのシーンだ⬆。ランナー1塁の場面で迎えた打席、大谷は「一塁にランナーがいたので、ゲッツーを考えながら(ピッチャーは初球を)投げる。キャッチャーもそうだと思いますけど、ピッチャーもそういう頭の中で(投げてきた)初球から良いスイングができたのは良かったと思います」 と語った。つまり、打者であるのと同時に投手でもある大谷らしく相手ピッチャーの心理を読んでいたのだ。つまり、この場面では打者にゴロを打たせてゲッツーを取るためのボールを選択するはず、大谷の経験からゴロを打たせやすいツーシームを投げてくるに違いないと読んだのだ。そして初球、トリビノ投手は大谷の狙い通りにツーシームを投げ込んできた。打者の手元で動くツーシームに芯を外されることなく、ボールの軌道に合わせたスイングで本塁打に仕留めてみせた大谷選手。「打ったのは速いツーシームですかね。打った瞬間、入るなとは思いました」と試合後に狙い通りのボールだったと語っている。メジャー2年間で大谷選手の「初球打ち」の打率は4割3分3厘、相手投手が、初球にどんな球種を投げてくるかを見透かせる2刀流大谷選手ならではの初球打ちホームラン、さらなる名場面をこれからもぜひ見せて欲しいものだ。

原爆投下を決めたトルーマン大統領、日本人をケダモノと言った。

f:id:gunjix:20200810103028j:plain

米国のネットメディア、ボストンレビューが8月7日「我が国のレイシズム(人種差別)と海外でのレイシズムは切っても切れない関係がある。75年前に広島で10万人を殺した「有色人種は消耗品である」という考え方が、3か月前にジョージ・フロイドを(白人警官が)殺したのである」とツィートした。75年前の米国では、有色人種は消耗品だから広島・長崎に原爆を投下してもかまわない、という風潮が存在したのは確かな事実だった。広島・長崎への原爆投下を最終決定したのは当時の大統領トルーマン⬆だったが、彼は1911年6月22日、のちに妻になるベスに送った手紙のなかで『おじのウィルは、神は土くれで白人を作り、泥で黒人を作り、残ったものを投げたら、それが黄色人種になったといいます。おじさんは中国人とジャップ(日本人)が嫌いです。私も嫌いです。多分、人種的偏見なんでしょう。でも、私は、ニガー(黒人のこと)はアフリカに、黄色人種はアジアに、白人はヨーロッパとアメリカに暮らすべきだという意見を強く持っています。そしてケダモノたちと接するときは、ケダモノとして扱うしかありません』と書いている。原爆の日本への投下は、アメリカ国内でも当時反対するものが多く、次期大統領となったアイゼンハワーや、終戦の日本占領最高司令官マッカーサーも原爆投下に強く反対していた。しかし、日本の「真珠湾攻撃」を恨むトルーマンの「けだものジャップを懲らしめる」という強い考えを変えるには至らず、広島・長崎への原爆投下が決まったのだ。トルーマンは生涯、原爆投下を正当化し、アメリカでは「戦争を早期終結に導きアメリカ将兵の命を救った大統領」という評価が定着しているが、その根底にあったのはトルーマンの日本に対する根強い「人種差別」であったことは否めない事実だろう。

 

うがい薬を買い占めた人、学校で「疑う」事を教わらなかったから。

f:id:gunjix:20200809175055j:plain

大阪府の吉村知事が、「府内の新型コロナ患者にポビドンヨード入りうがい薬を使用したところ唾液からウイルスが検出される人が減った」と発表した途端、我が国恒例の「買い占め」が全国規模で起きてしまった。納豆がコロナに効くと聞いてワッと飛びつき、うがい薬が効くと言われると買い漁りと、いともたやすく操られてしまう人が、 こんなに多いのは、我々日本人が、そういう教育を受けてきたからではないのか、と指摘するのは、ノンフィクションライターの窪田順正氏だ。氏によれば、経済協力開発機構(OECD)が、48カ国の小中学校の教員を対象に行った『国際教員指導環境調査2018』にその答えがあるという。「目の前に提示された話を鵜呑みにするのではなく、客観的事実に基づいて論理的に考える力をつける」教育をしているか?という質問に、アメリカの教員は78.9%、カナダは76%、イギリスは67.5%、オーストラリアは69.5%、さらに国民の体制批判に敏感な中国で53.3%、ロシアも59.7%もの教員が「そういう指導をしている」と回答している。こうした中、日本の教員だけが12.6%とダントツに低い回答率だったという。そう言われてみれば、皆さんが小中高の授業で先生から「世の中で当たり前となっていることを疑ってみる」という授業を受けたという経験のある人は少ないのではないのか、と窪田さんは問いかける。現実を批判的に捉えて独創的に工夫するのではなく、学校や親が語ることを鵜呑みにして、文句ひとつ言わずに従う「素直ないい子」を大量に育てる日本の学校教育。こうした教育がマユツバな情報やデマを鵜呑みにして買い占めに走るようなピュアな人が多く存在する理由なのではないか、と窪田氏は指摘する。穿った意見である。

「渡辺陸軍大将」が居たら日本は戦争に負ける事はなかった。

f:id:gunjix:20200808013336j:plain

「この男が生きていたら昭和史はもう少し変わっていたのでは?」と評価される陸軍大将渡辺錠太郎⬆をご存知だろうか。小学校中退のみの学歴で陸軍大将にまで登りつめたのは渡辺が唯一の例であり、貧農の家から身を起こし、陸軍大将・教育総監にまで栄進した立志伝中の人物だ。渡辺は軍上層部きってのリベラル派の教養人として知られ、第一次大戦末期に欧州へと派遣されドイツ大使館武官やオランダ公使館武官などを勤めた。第一次大戦終結後、渡辺は「戦争は軍隊と軍隊とだけの生やさしいものではない。勝っても、負けても、国民のすべてが悲惨のどん底に落ち入らざるを得ない。私は戦い破れたドイツ、オーストリーばかりでなく、勝った国イギリス、フランス、ベルギー、オランダなどもつぶさに見て来たが、どこもかしこもみじめな有様であった。日本も世界の列強にならねばならぬが、しかし、どうでも戦争だけはしない覚悟が必要である。どこの国でも軍事力が大きくなると、戦争がやりたくなる。だが、どんな事があっても、戦争ばかりはやっちゃあイケナイ」と語り、戦争で疲弊した欧州各国の現実をつぶさに見たことで、渡辺は「非戦」の思想を持つようになった。渡辺は「非戦」について「たとえ敵が攻撃をして来ても負けない、すなわち敵がわが国を攻めても勝つことができない、こういう備えがこちらにありましたらならば恐らく戦争は始まらぬと思います」と述べている。渡辺は日本軍の『攻撃精神の誤用』と『精神万能主義』を強く批判し、弱小国である日本は「非戦」であるべきだと説いたのだ。渡辺のこうした自由主義的な発想や意見は、当時の血気盛んな青年将校の憎悪を招き、1936年2月26日、渡辺は二・二六事件で若手陸軍将校達によって銃殺されてしまった。日本が軍人と民間人合わせて310万人の国民を失った第二次世界大戦が始まるわずか5年前の出来事だった。