ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

100年前「列車は時間通り」と文豪ヨゼフ・ロートが書いた国。

100年前、オーストリアの文豪ヨーゼフ・ロートが記した紀行文「この国は、列車も時間通りにやってくる。ホームでは人々が綺麗に行列を作って待っている。(中略)中央アジアやシベリア・極東にまで高校や大学を設置していて、現在識字率はアジアでも圧倒的トップだ。人との待ち合わせも五分前行動という奇妙な習慣を導入している。大事な人との待ち合わせでも3時間は遅刻する怠惰な西欧人の私にはこの国は本当に息が詰まる思いだ。我々西欧民主主義社会とは違う奇妙かつ異常な世界があることを知った」。てっきり、これは日本についての描写かと思ってしまうが、実は革命間もないソビエト連邦(ロシア)についての記述なのだ。100年前、これだけ進歩的な国で天然ガスや石油資源も豊富な国ロシアが、100年を経てGDPで同じ共産主義の国中国(世界2位)に追い越され、日本を含む先進7カ国にも追いつけず、GDPで韓国に次ぐ11位にまで成り下がったのはナゼなのだろうか。その答えはアメリカの文化人類学者ルースベネディクトが77年前、敗戦国日本が憲法で戦争放棄した事について「この国が、軍備をせずに済ませるなら、軍事力を整える国に対して有利な立場に立てる。というのも富を用いて健全で豊かな経済を建設できるからである」と語った言葉がヒントになる。ロシアは、この100年、軍事力を「最優先」してきたばかりに貧しい国に成り下がってしまったのだ。

 




'60年代アメリカ、ヒッピーをトリコにした「チベット死者の書」。

人は死んだあとどうなるのか?これについて語られたチベット仏教の「死者の書」⬆をご存知だろうか。人間の肉体が機能を停止し最後の息が停止したあとの49日間、「死者は意識だけの状態(パルド)となり、もっとも微妙な意識の現れである根源的な光と出会う。しかし、死に至るまでの人生で積み重ねてきた様々な所業の力により、死者の意識はすぐに光の空間から引き戻され、やがて死者の意識にはやさしい姿の仏たちが現れる。そして、次の一週間にはその仏たちが今度は恐ろしい忿怒の姿をとって現れ、様々なヴィジョン(幻影)や音で死者を脅かす。そして最後の一週間、死者の意識はついに新たな母胎を探す再生の旅に入り、次の生へと移行する」。60年代のアメリカで、ハーバート大学のティモシー・リアリー博士がLSD体験とこの『死者の書』に描かれている死者の幻覚体験が類似していることを指摘、当時のLSDを吸いべトナム反戦を謳うヒッピーたちの間で「死者の書」はバイブルとなったのだ。「死者の書」は、死後49日にわたって現れる光や幻影が、すべて死者自身の意識が作り出したもので一切が「幻想」であると何度も強調されている。つまり、『死者の書』とは、チベット仏教における輪廻転生(生まれ変わり)までの死者の「意識」が 49日間かけて歩んでゆく幻想の旅についての「解説書」なのだ。享楽のためのLSD体験で現れる「幻覚」とはまったく別物だろう(笑)

 



貧しいフジコ・ヘミングに神様が返してくれた20マルク。

フジコ・ヘミング⬆は、スウェーデン人の父と日本人の母のもと、ベルリンに生まれ、5歳でピアノを始め東京藝術大学卒業後、29歳でベルリン音楽学校に留学。その後、ウィーンで巨匠レナード・バーンスタインに認められデビュー予定だったが、その直前に聴力を失うアクシデントに見舞われ、以降ヨーロッパで不遇なピアニスト人生を過ごした。母の死後63歳で日本に帰国、1999年NHKテレビで『フジコ・ヘミングのピアニスト人生』が紹介されると、日本デビュー版CD『奇蹟のカンパネラ』が200万枚を超える大ヒットに。2001年にはニューヨーク・カーネギーホールでコンサートを開催、60歳を超えて漸く一流ピアニストになれたのだ。フジコ・ヘミングは「私は確かに夢を持ち続けた。神様はちゃんとそれを見ていてくださって、いま分け前を与えてくれたんだと思う」と語り、貧しかったドイツでの暮らしでの「ある体験」を語った。「あるとき、ショーウインドーですごく気に入ったセーターを見つけたの。聞けば40マルクだという。食べるのに困っていたけど、たまにはいいかと思って、そのときは持ち合わせがなかったから「明日来るからとっておいて」と頼んでお店を出たらジプシー(浮浪者)の少年が寄ってきて、お金をくれと言う。その目がとても純粋に澄んでいたものだから20マルクあげちゃった。これでは暮らしていけないと思ったけど、お店には買うと約束したんだから、仕方がない。次の日出掛けていきました。すると、前とは違う店員がいて、そのセーターは20マルクだという。ああ、私が少年に20マルクあげたのを神様が見ていて、ちゃんと配慮してくれたんだな、と思いましたね」。貧しい彼女に神様が返してくれた20マルク、フジコ・ヘミングが言うように「幸福と不幸は半分ずつ、一生幸福な人はいないし一生不幸な人もいない」のだ。あなたも、YouTubeで神様に救われたフジコ・ヘミングの澄んだカンパネラ(小さな鐘)の音をご視聴あれ。

 

外国人が証言、ひとり旅でも困らない日本人の「英語力」。

海外掲示板redditに「日本を一人旅してみたら、日本人はみんな親切だし、だいたい英語話せる」という投稿があった。「日本語が出来なくても、困ったことがあればいつでも英語を話すとても親切な人を見つけることができる。説明するのが難しいけど、多くの日本人は見知らぬ人にとても親切で、喜んで助けてくれるし、多くの人が英語を話す(もちろん全員ではないけど)」。この投稿に対する日本人からのリプライ「いまどき、京都の土産物屋の60過ぎのおばちゃんでも、買い物や観光関係の片言英語話せます。レストランでパートのおばさんが、片言英語だけどがんばって接客してました。大学生なら、だいたい日本人英語話せるようになってきたし、老人は老人でボケ防止のために英語習っていて、外国人が来たら、喜んで話しかけようとするよ。駅員さんや警察官なども、数人に1人ずつくらいは英語話せるから、チームで対応してるから大丈夫。それにgoogleとかすごいから、スマホがあれば、だいたい対応できて、自動翻訳とかしてるしね」。TOEFL(国際的な英語力検定機関)のスピーキングテストでアジアで最下位の30位にランクされてる日本、海外からの訪日観光客が増えたことによって自然と英会話に身近で接する機会が増え、カタコトでも「英会話」できる人が増えつつあるようだ。英会話の上達は「習う」より「慣れろ」が一番の近道なのかも知れない。

アメリカ人「こんまりが片付けをあきらめた」と、ひと安心。

2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』が世界40カ国以上で翻訳され、シリーズ累計1,300万部を超える世界的大ベストセラーとなり、2015年に米『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた片付けコンサルタントのこんまり(近藤麻理恵)さん。その彼女がワシントン・ポストのインタビューで「片付けを諦めた」⬆と発言し、アメリカのマスメディアが次々にこのニュースを取り上げた。あるバイラルニュースでは、「近藤麻理恵はもはや近藤麻理恵ではない」という見出しで、彼女が片付けを「あきらめた」理由を記事にした。「彼女は2021 年に第 3 子を出産した後、 3 人の子供がいる生活が忙しすぎて、常に整頓されたスペースを維持できないことに気付いた。彼女は「私は片付けのプロだったので、家を常に片付けるように最善を尽くしてきました。私はそれを良い意味であきらめました。今、私にとって大切なことは、家で子供たちと過ごす時間を楽しむことだと気づきました。現在、私の家は散らかっていますが、私の時間の過ごし方は、人生のこの時期の私にとって正しい方法だと思います」と語っている。この記事では、「24 時間年中無休で完全に整理された家は、大多数の人々にとって現実的ではないことに、こんまりが気付いたようです。優先順位やライフスタイルが変化することは何も悪いことではありません。こんまりが、その事実を認めたことを私たちは嬉しく思います」と結んでいる。片付けの世界的スーパースター「こんまり」も完全無欠な人間では無かった、とアメリカ人もひと安心したようだ(笑)

 

宮台教授襲撃犯人自殺、見て見ぬフリした同居の親の胸の内。

東京都立大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が首などを切られて重傷を負った事件、警視庁捜査1課は1日、容疑者とみられる相模原市南区の男性(41)が自宅で死亡していたと明らかにした。警視庁は昨年12月12日に容疑者が映った防犯カメラの画像を公開⬆、すると両親と3人暮らしだったこの男は、食事をとらないなど「12日から様子がおかしくなった」という。そして、その4日後の12月16日にこの男は自殺してしまった。SNS上には、「家族はすぐ手配写真でわかっただろうに。なぜ今頃自殺を発表か?解せない」「12日から様子がおかしくなった...公開された画像で親なら気づけよ」「ご両親はわかっていたでしょう。警察に通報するべきでしたね」「自分がテレビ見ていて、家族が容疑者で映っていたら どう声をかけるだろう。 似てるね?! 犯人じゃないよね?! 何かの間違いだよね?! 自首しよう。 想像しただけで憂鬱だ」「容疑者の年齢から、両親も高齢者と予想されるけど、人生絶望だろうね。 息子は自殺して近所親戚中に犯罪者の親って言われて。 40過ぎまで育てた息子がこんなことしてくれるなんて、辛すぎるわ」。不惑の年齢(40)を超えても老いた両親に養われながら「言論の自由」を封殺する事件を起こした息子、この事件で一番深い「心の傷」を負ったのは、息子を庇(かば)い続けた両親なのかもしれない

 

本日、日本の卵価格10個税込204円のスレッドに海外驚く。

アメリカで人気のソーシャルサイトredditに、1月31日付けで「たまごの現在の日本での価格は10個で税込204円(1.57USD)」と⬆写真付きのスレッドが立った。日本での卵の価格は「物価の優等生」と呼ばれてきたが、鶏のエサ代の高騰と鳥インフルエンザの大流行で最近値上がりが続き、農林水産省が毎月公表している食品価格動向調査で、卵の全国平均小売価格は1月に1パック(サイズ混合10個入り)当たり244円と、過去5年間の1月の平均価格と比べて13%も上昇したという。redditでのアメリカ人の反応「日本はここ数年、インフレ率を非常に低く抑えている。経済成長もかなり停滞している。低収入の人たちにとっては、間違いなく良い状況」「オハイオ州のスーパーマーケットで、卵が1ダースあたり3.39ドル(約442円)になっていた」「ちょっと待った、日本はメチャクチャ安過ぎだろ?私のいるニュージャージー州では卵は4ドル(約521円)くらいだ」「カナダもロックダウン以来、卵の価格がめちゃくちゃになったよ」「日本の卵は最高だ。より高品質な日本の卵を入手するために300円までなら出してもいいと思っている」「日本企業の多くは、アメリカ企業のように顧客から金を巻き上げたり、価格をつり上げたりすることを好まない…」「アメリカ人よ、お前たちは搾取されているんだ、現実を見ろ」。安月給の国と世界中から揶揄されている国ニッポン、世界一安い卵を食べられる「幸せ」があったじゃないか(笑)