ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

笑える、16歳少女トゥンベリの挑発に次々ハマる各国首脳。

f:id:gunjix:20191214104728p:plain

スウェーデンの環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が、米誌タイムの「今年の人」に選ばれた。1927年に選出が始まって以来、最年少での選出だ。このニュースを知ったトランプ大統領は、トゥーンベリさんの選出について「すごくばかげている。グレタは自分が抱えているアンガーマネジメント(怒りのコントロール)の問題に取り組んで、友人と一緒に古きよき映画を見に行くべきだ」とツイート。「落ち着けグレタ、落ち着け!」(Chill Greta, Chill!)と付け加えた。一国の大統領が環境保護を訴える16歳の少女をナゼこれほど気にするのか?彼女が国連気候行動サミットで、地球温暖化対策を訴えた際には、ロシアのプーチン大統領が、彼女について「優しいが情報に乏しい若者」だと批判し、トランプ大統領は「彼女は明るく素晴らしい未来を夢見る、とても朗らかな女の子らしい。ほほ笑ましい姿だ」と彼女の演説の画像を添えてツイート、さらに12月にトゥンベリさんが「アマゾンで先住民の人々が違法伐採を阻止しようとしたために殺害されているのに、世界が声を上げないのは「恥ずべき」だとツイートするとブラジルのボルソナロ大統領は「あんなガキにマスコミが紙面を割くとは驚きだ」と述べている。各国首脳が、たかが16歳の少女の言動にナゼこれほどいちいち敏感に反応するのだろうか。それはつまり、地球温暖化が危機的な状況にあることをトランプ氏もプーチン氏もボルソナロ氏もこのまま放おっておけない問題であることに気づいているからだ。自分達より先に声を挙げたトゥンベリさんへの忌々しい思いが、批判的な発言になっているようだ。まさに16歳の少女が「未来の世代はあなたを見ている。私たちを裏切る道を選べば許さない」と国連で訴えた「挑発」に各国首脳は、まんまとハマってしまったようだ(笑)

世界のSEXシンボル昔マリリンモンロー、いま日本のAV女優。

f:id:gunjix:20191212225145p:plain

世界最大のポルノムービーサイトPornhubが「2019年度のアクセス統計」を発表した。2019年度のPornhubへの総アクセス数は420億回、1日あたりでは1億1500万回のアクセスがあり、さらに390億回の検索が行われ、アップロードされたムービーは683万本。2019年度にアップロードされたムービーを全部視聴するには136万時間が必要で、年月に換算すると169年分に相当する長さだという。世界中の男達のポルノ好きは、今に始まったことではないが、注目すべきなのは、世界中で「最も検索された単語」で、なんとJapanese「日本人」が検索ワードで1位を記録し、2位もアダルトアニメーションを指す「ヘンタイ」がランクインしたと言う(⬆上のグラフ)。「日本のアダルトコンテンツ」が世界トップクラスであることが証明された格好になったのには驚きだ。SEXアピールの上手な欧米のAV女優に比べてSEXアピールが下手クソだと思われがちだった日本のAV女優の演技に世界の男たちの目がクギ付けにされたなんて思っても見なかった現象だろう。半世紀前、SEXシンボルと言えば米国の白人女性マリリンモンローといわれていた時代から、アジア人である日本のAV女優が世界の男達から垂涎の目で見られる時代へと大きく進化したことを、我々日本人としては、喜ぶべきなのか、はたまた悲しむべきなのか(笑)

たった2分で2019年を振り返るGoogle動画がクール。

f:id:gunjix:20191212135617p:plain

Googleが2019年に起こった出来事を振り返りながら、その中で活躍し、人々を勇気づけたヒーロー&ヒロインを2分5秒でまとめた動画「Google — Year in Search 2019」を公開した。「2019年は『ヒーロー』に関する検索が急増しました」というタイトルテロップと共に、Googleが選んだ2019年のヒーロー&ヒロインを振り返る動画がスタート。最初に登場したのは、興行収入世界記録を塗り替えた映画「アベンジャーズ・エンドゲーム」のアイアンマンことトニー・スターク。この他、史上初のフルマラソンで2時間切りを果たしたケニアのエリウド・キプチョゲ選手や世界で初めて撮影に成功したブラックホールの画像。日本開催のラグビーワールドカップで優勝トロフィーを掲げる南アフリカチームの姿。ヒーローやヒロインといっても父親と遊びながら「パパ大好き!」と楽しげに語る少女やFacebook上に投稿され6200万回以上再生された「生後19カ月の赤ん坊とドラマについて語り合う父親」の姿をヒーロー&ヒロインとして加えるなどGoogleらしいクールな映像編集だ。日本人では飛ぶヒーローとして羽生結弦選手、お片付けのヒロインのこんまりも登場する。たった2分の映像だけどなぜか心が温まる2019年を振り返る動画、あなたもこの125秒の動画をyoutubeでぜひご覧あれ(笑)

月面着陸アポロ12号の飛行服のソデ口に隠されたポルノ写真。

f:id:gunjix:20191210221831p:plain

1969年に人類史上初の月面軟着陸を成功させたアポロ11号から4ヶ月後、2度めの月面着陸に成功したアポロ12号。1日と7時間にわたる月面での船外活動を行ったピート・コンラッド船長とアラン・ビーン操縦士の2人が着ていた宇宙服の袖口に装着されていたチェックリストノートの中に、男性向けヌードグラビア誌プレイボーイのヌード写真を縮小コピーしたものが隠されていた(⬆上の写真)。地球を遠く離れる乗員たちが心細い思いをしないように、という地上クルーからのユーモアあふれるドッキリだった。コンラッド船長のチェックノートにはSeen any interesting hills and valleys?「気になる丘や谷間はあったかしら?」とほほえみかけるプレイメイト。ビーン操縦士のチェックノートにはDon 't  forget, describe The protuberances !「忘れないで—その隆起した丘(モッコリ)を説明して」と微笑むプレイメイトの写真が貼られていた。地球を遠く離れて身一つで月面を歩く宇宙飛行士の緊張感や心細さをほぐしてくれたに違いない予備搭乗員達の仕掛けたこのドッキリ。50年前の人類初の偉業の場面でもこうしたユーモアを忘れないアメリカ人気質にはまったく以って感心させられる。日本人のクルーの場合だったらどうだろう。まず、宇宙空間にヌード写真を持ち込むなんて日本人は先ず考えもしないだろうし、緊張感あふれる月面着陸のミッションにドッキリを仕掛けるなど以ての外だろう、あらためて半世紀前の月面着陸という偉業の中で、アメリカ人らしい「心の遊び」を感じさせるエピソードと言えないだろうか。

マックCMのメインキャラだったドナルドはどこへ消えた?

f:id:gunjix:20191209020748p:plain

アニメを使ったCMやジャニーズ嵐の大野智が出演したCMなど、最近のマクドナルドのテレビコマーシャルがユニークと評判だ。ところで、つい10年前までのマックのCMといえば、白塗りのメイクに赤いアフロヘアー、赤と白の縞模様の服、赤くて大きい靴を履いたド派手なキャラのドナルド(⬆上の写真)が主役だった。あれほど主役を務め、出ずっぱりだったドナルドはナゼテレビ画面からこつ然と消えてしまったのだろうか。調べてみたら、9年前にアメリカで起きた騒動が原因だった。ドナルドが「50年もの間、子どもたちを不健康な食品に誘導してきた」と批判する消費者団体「コーポレート・アカウンタビリティー・インターナショナル」(CAI)が、ドナルドの企業キャラクターとしての活動をやめさせようという運動を始めたからだった。これに対してマクドナルド社は「ドナルドは愛すべき当社のブランド大使」と主張し、チャリティー事業で重要な役割を果たしているうえ、一般家庭が抱える子どもの身の安全や識字能力向上といった課題の啓発にも貢献していると反論した。しかし、3年前の2016年10月に、マクドナルド社は全米で起きている「反ドナルド」騒動のためドナルドの登場機会を減らすと公式に発表、以後、ドナルドのCM起用を取りやめ、店頭からもドナルドのキャラクターが消えてしまったというわけだ。ケンフラのカーネルおじさんと並んで子どもたちの記憶に残ってきたマックのドナルド、再登場はもう無いのだろうか(笑)

 

「喝!」の減った張本氏、彼の口にフタをしたのは誰なのか。

f:id:gunjix:20191208115106p:plain

野球評論家の張本勲氏がTBSテレビサンデーモーニング」に生出演。米プロバスケットボールのスパーズ対ロケッツの一戦で、ダンクシュートをノーゴールと判定されたロケッツが2点差で敗戦した。これに対し、張本氏は「喝でしょ、これは審判に。入っているんだから。あんな判定したらやる気でない」とぶ然。この「喝」を聞いた、司会の関口宏が「喝はいったの久しぶりのような気がする」と突っ込んだ。すると張本氏は「そうでしたかね、あまり喝好きじゃないから、関口さんが」と真顔で返答。続けて、「喝!」減少の理由を「周りから文句が多いらしいよ。喝は喝で入れたらいいんですよ」と、不満げな様子を見せた。これまで、歯に衣を着せずに「喝!」を入れ続けてきた張本氏が、周圍の批判を気にするこうした発言をするようになったのは意外とも思える。で、誰の手によって毒舌の張本氏の口にフタがされたのだろうか。それはSNS上に飛び交っている張本氏に対する多くの批判の声であることは間違いない。「甘口」の言葉が全盛の今の時代に「辛口」の言葉を発し続ける張本氏は異端になってしまっているというわけだ。「出る杭は打つ」という日本人特有のルールを無視して「喝!」という辛口の言葉を振りかざす張本氏は、SNSの住人たちにとっては、憎っくき「出る杭」であり、我慢がならないのだ。「甘口」は許すけど「辛口」は許さない、というSNS上にはびこる隠然たるチカラが、世の中をどんどんつまらなくしてゆく、あなたはそうは思いませんか。

5ちゃんねる流行語大賞「リスカブス」から見えて来るモノ。

f:id:gunjix:20191208011214p:plain

2019年5ちゃんねる流行語大賞が決定した。第1位に輝いたのは、作家 岩井志麻子氏の衝撃発言「リスカブス(手首を切るブス)」。日韓関係が急速に悪化する情勢下の今年5月に「韓国は手首を切るブスのようだ」という岩井氏のシニカルな発言が多くの若者たちの心を掴んだようだ。選出に際して「これ以上的確な表現もない」「5ちゃんねる流行語にふさわしい」という声が多く聞かれたという。2位に選ばれたのは「こどおじ(子ども部屋おじさん)」。いつ貼ったかわからないシールが貼られた学習デスク。大人の体格にはそぐわない、寝返りを打つたびに軋むシングルベッド。小学生時代から愛用している家具やおもちゃ、書籍類。そうした“子ども時代の持ち物”に囲まれ、実家の”子ども部屋”に住み続けている中年独身男性を指して「こどおじ(子ども部屋おじさん)」と呼ぶ。3位の「上級国民」は、4月に起きた池袋母娘死亡事故で容疑者の飯塚元院長への司法・マスコミの忖度に対する怒りから若者の間で一気に大ブレイクした言葉だ。「流行語大賞」の本家が選んだ「ONE TEAM(ワンチーム)」「計画運休」「軽減税率」「タピる」「#KuToo」「◯◯ペイ」「免許返納」「闇営業」「令和」などのワードに比べて5ちゃんねるが選んだ「流行語大賞」には、日本人のホンネでもある毒を含む部分がちょっぴり透けて見えるワードが選ばれていると思いませんか(笑)