ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

KFCのカーネルおじさん、本物のカーネルではなかった。

f:id:gunjix:20191017101332j:plain

アメリカのサイト「インタレスティングアンサーズ」に、ケンタッキーフライドチキンの創業者「カーネルサンダースは、本当にカーネル(大佐)だったのか」、という質問(⬆上の写真)があった。その答えは、サンダース氏はケンタッキー州都の隣町ヘンリービルで生まれ、10歳の頃から農場で働き、学校は14歳で辞め、農場の手伝いや市電の車掌として働いていたが、16歳のときに年齢を詐称して陸軍に入隊しキューバで勤務した。しかし彼の軍隊における経歴は一兵卒として終わっており、大佐(カーネル)どころか下士官にすらなっていない、と言う経歴だと言う。なのに彼はなぜカーネル(大佐)を名乗っていたのか。1930年サンダース氏は経営していたガソリンスタンドの一角に物置を改造した6席のレストラン「サンダース・カフェ」を始めると店は繁盛し、規模を拡大1935年には「ケンタッキー州の料理への貢献」が評価され、ケンタッキー州知事から「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号を与えられたのがその始まりだった。「サンダース・カフェ」の目玉商品がフライドチキンであり1939年に導入された圧力釜を用いた「オリジナル・フライドチキン」の製法は、以後70年以上にわたってKFC「オリジナル・レシピ」として引き継がれている。国道沿いで繁盛していたお店が高速道路の開通で客が入らなくなるとサンダース氏は、アメリカ各地のレストランの経営者にフライドチキンの調理法を教えて歩合を得るというフランチャイズを始め、それがKFCの世界的な大成功への足掛かりとなったのだ。



9月ラグビー南ア戦の敗因、フェラーリ福岡選手がいなかったから。

f:id:gunjix:20191020110832j:plain

いよいよラグビーW杯準々決勝、日本と対戦する南アフリカが「日本のフェラーリ」ことスピードのある両ウイングに警戒を強めている。日本のフェラーリとは、松島幸太朗と福岡堅樹(⬆上の写真)の両選手。松島選手は今大会最多タイの5トライをマークし、福岡選手は1次リーグ突破を決めたスコットランド戦での2トライを含めて、4トライを挙げている。南アフリカのコーチは「日本のジェイミー・ジョセフHCは2人のウイング(福岡と松島)をフェラーリになぞらえていた。私たちとしては彼らに5トライ目、6トライ目を許すわけにはいかない」とコメントしている。9月6日、日本代表は本番前最後のテストマッチで世界ランキング5位の格上・南アフリカ代表と対戦し、7-41と大敗している。しかしこの試合では開始早々に日本が誇る右のウィングのフェラーリ福岡堅樹選手が右脚を痛め、交代するアクシデントに見舞われていたのだ。しかし敗色濃厚の中、日本は59分に出足鋭いディフェンスで相手にプレッシャーをかけボールを奪い返し、クイックでつなぎ、日本のもう一人のフェラーリ松島幸太朗選手がゴールへと駆け抜けて初トライする意地を見せた。準々決勝で再び対峙することになった日本対南アフリカ、怪我から治って今大会4トライの福岡選手と最多5トライと絶好調の松島選手のダブルフェラーリの活躍によって日本が南アフリカに勝利することを信じたい。

 

ラグビーW杯、神技のオフロードパスで日本は南アに勝てる。

f:id:gunjix:20191019002201j:plain

ラグビーの本場、英紙「デーリー・テレグラフ」電子版は「日本は今大会これまで最も人々を魅了した試合でベスト8進出を決めた。しかし南アフリカは、日本より勝るパワーを使って開催国を打ち倒すことを探し求めており、スコットランドが日本に与えた同じスペースを与えることはないであろう」と分析、37-17のスコアで南アフリカ勝利と予想した。これに対して英国のラグビーファンからは「過小評価されがちだが日本代表選手たちの仕事率/運動量が凄い。オフロードパス(タックルを受けながらのパス)の連鎖だってこれらのパスを受け取れる位置に選手たちがたどり着けているから成立してる。ラグビーをかじったことのある人間なら誰でも知っている、あの日本の速いペースに追いすがることがどれだけ大変かを」「彼らのオフロードパスのスキルは素晴らしいの一言だ。優勝本命のオールブラックスのファンとして、準々決勝で日本と対戦しないで済んだことは正直かなり嬉しい」「日本がもうティア2(中堅国)じゃなくティア1(強豪国)なのは疑いようもない」「日本の選手は肉体同士のぶつかり合いをするには軽いかもしれないがその分軽快で俊敏、そしてボールさばき(オフロードパス)が素早く巧みだ」「赤のストライプが返り血に見えてくる不思議、しばらくしたら南アフリカ人も怖がり始めるに違いない」「W杯直前の壮行試合で南アに7-41でボロ負けしてるのが強い不安要素。まだ一か月でこの差を覆すほどの力はつけてないと思うんである程度の覚悟は必要だと思う」などの声がSNS上にあがっている。しかし、オフロードパスの巧みな技術で日本が南アフリカに勝利することを信じたい。

 

台風避難所入りを拒否されたホームレス、ぜひ鳩山元首相邸へ。

f:id:gunjix:20191017170725j:plain

鳩山由紀夫元首相(72)が16日、ツイッターを更新し、東京都台東区がホームレスの避難所利用を拒否したことについて言及。これに対してネット上で様々な声が上がっている。鳩山氏はツィツターで「今回の台風の際に台東区の避難所にホームレスが断られたと知り、唖然とした」とつぶやき、「日本は和の国の筈なのに、緊急事態には本性が現れるのか」と指摘した。これに対してネット上では「災害発生時には、ぜひ鳩山邸を開放してはいかがでしょうか」「鳩山邸で受け入れましょう」「死ぬか生きるかの瀬戸際の時に、人間の本性がでますね」と様々な意見が寄せられた。このホームレス受け入れ拒否のニュースでずっと気になっていたのは、現実に「受け入れ拒否」を批判する人々がその場に居合わせたらどう対応するかという点だ。声高に避難所側を批判した人々には、ぜひ代わりにホームレスを受け入れるだけの覚悟があるのかどうかが重要な点だろう。住民税など払ったこともなく、風呂にも入らず、異臭を放つホームレスを鳩山氏は豪邸(⬆上の写真)に招き入れる覚悟が本当にあったのか、「鳩山邸で受け入れましょう」と言うネットの声は、まさにこの問題の本質をついた「名提案」と言えるだろう。

なんで日本のゲームキャラは西洋人なの?米国人の疑問。

f:id:gunjix:20191016011007j:plain

アメリカの掲示板redditに、日本製のゲームについて「日本のゲームのマリオ、ゼルダ、DMC、DOA、バイオハザードなどで、白人男性を主人公にしたゲームがたくさんあります。しかし、アメリカのゲームメーカーが日本のキャラクターを使って日本の文化に基づいたゲームを作ったことを想像してみてください、とんでもないですよね?しかし、それは日本では「普通」であり、現在はアジアのその他の国でも同じです。」という疑問を投げかけるスレッドが立った。これに対するアメリカ人の反応は「日本のアニメ漫画やゲーム文化における白人崇拝は、彼ら自身の白人崇拝の単なる反映に過ぎません。実際に日本を訪れて見て、何十年にもわたる(欧米からの)プロパガンダや教育的洗脳を通して、白人崇拝主義がどのように日本人の精神に定着しているのかを見ると、より明白になる」「それは日本の憲法が文字通り白人によって作られたものだから。米国の憲法が外国の(特に非白人)によって作られたと想像してください。米国人なら、それをできるだけ早く取り除きたいと思うけど、日本人はそれをしない」「ハウルの動く城、魔女の宅急便、ナウシカなどの有名な宮崎アニメ映画を見てください。ほとんどすべてがヨーロッパの文化に基づいています。日本には豊かで多様な歴史があるのに、なぜ彼らはキャラクターを白いヨーロッパ人にしたのか?アジア人はいつこの奴隷精神を取り除くのでしょうか」「日本はアメリカの支配下にあり、明治維新以来、西洋人のラップドッグ(愛玩犬)であり、さらに彼らはほとんどの製品を西洋に販売しているからだと思います。私は、彼らのアニメやゲームのほとんどが白人崇拝でいっぱいであり、多くの日本人がそれに気付いていないことに同意します。私にとって、私は日本アニメで白人や西洋の特徴を偶像化したものではない、よりアジア風のアニメキャラクターが好きです」「悲しいことに、アニメとゲームは基本的に日本が持っている唯一の文化的輸出品です。彼らがグローバルに販売しようとしている場合、彼らはすべてアジアのキャラクターを使うことはできません。日本はアジアで唯一の先進国であり、豊かな白人の国に物資を売ることが好きでした。しかし今、白人先進国はもはや豊かではないので、考え直す必要があるのでは?」日本人にとって何とも耳に痛い意見ばかりではないか。

 

 

人類初、キプチョゲのマラソン2時間切りを仕組んだ億万長者。

f:id:gunjix:20191015010727j:plain

男子マラソンで2時間1分39秒の世界記録をもつエリウド・キプチョゲ(⬆右)が、人類初の2時間切り記録を達成した。オーストリアのウィーン市内の公園で行われた企画で、キプチョゲ選手は1時間59分40秒2をマーク、前人未到の大記録を打ち立てた。この2時間切りを仕組んだのが⬆上の写真でゴール後のキプチョゲ選手を抱きかかえるジム・ラトクリフ氏だ。彼は石油化学会社「イネオス」のCEOで、これまで自転車レースの強豪チームの買収やプレミアリーグのチェルシー買収劇で話題を読んだ英国を代表するスポーツ好きの億万長者だ。彼は今年の春、キプチョゲ選手が2時間切りに挑む「イネオス1:59チャレンジ」の開催を発表した1週間前のロンドンマラソンで、先導車に乗り込みキプチョゲ選手の2時間2分での勝利を見守っていた。レースの2日後にラドクリフ氏はキプチョゲ選手と対面し、「エリウド・キプチョゲは史上最高のマラソン選手であり、世界で唯一サブ2(2時間切り)を達成できるスポーツ選手だ。人類はこれまで誰もサブ2を達成することができなかった。人類が初めて月面着陸した時のように、今回彼が1時間59分で走れば、彼がそれまで不可能とされていたことを破った最初の人間となるだろう」と語っていた。ラドクリフ氏は、このイベントに1500万ユーロ(約18億円)をつぎこみ、コース上には、2時間切りのペースを示す緑のレーザーを路面に放つペースカーを走らせ、41人からなるペースメーカーのチームが、キプチョゲ選手の前後を交替で走り2時間切りのペースを支え続けた結果の成功だった。これらのサポートは、IAAF(国際陸上競技連盟)のルールでは許されておらず、この偉業は公式なマラソンの世界記録としては認定されなっかったが、ラドクリフ氏が言うように2時間を人類で最初に切った男としてキプチョゲの名は、永遠に残るに違いない。

 

 

ラグビーW杯快進撃の日本代表、あの五郎丸選手はナゼ消えた?

f:id:gunjix:20191013225653j:plain

ラグビーW杯で4年前、エディーHCが率いた日本代表はスコットランドに大敗して8強に届かなかった。今回のW杯では、ジェイミーHCが率いる日本代表がその因縁の相手に勝ちきって、初の8強入りを達成できた。前回のW杯初戦で世界屈指の強豪国である南アフリカから劇的な逆転勝ちを果たして大きな話題を呼んだが、その躍進の原動力となったのが、腕を胸の前で組む独特のポーズからキックを次々と決めた五郎丸選手だった。その彼が今回のW杯のメンバーには招集されなかった。その理由は、この4年間でラグビーのスタイルが大きく変わったからだ。4年前はパスとランを中心に攻撃を組み立て、その攻撃のキーマンが大型フルバック五郎丸選手だった。しかし今回のジェイミーHCは世界的な主流となったキックを多用する戦術を採用し、「フルバックには、センターやウィングなど他のポジションもこなせる走れる選手が良い」とし、フルバックには広いエリアをカバーできる機動力のある選手を起用したからだ。五郎丸選手は現在33歳。一般的に瞬発力や反射神経、俊敏性、スピードの衰えがあらわれる年代だ。五郎丸選手自身も過去のインタビューで「(自分にできるのは)フルバックしかないでしょ。こんな足の遅いウイングはいない」と自ら足が遅い弱点について語っている。今回のW杯での日本の快進撃は「クィツク攻撃」にある。今回の日本代表の連続攻撃を仕掛ける際のテンポの速さにどんな強豪相手も対応し切れない場面がしばしば見られる。ボールを持った選手の倒れ方や、サポートに入る選手のタイミング、スクラムハーフ(スクラムから出てくるボールを拾い上げ味方にパスを供給する)の運動量と技術によって素早い連続攻撃を可能とし、それが日本の大きな武器となり世界の脅威になっているのだ。初のベスト8からさらに高みを目指すラグビー日本代表にさらなる活躍を期待したい。