ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

コロナ感染爆発しない日本はパズル、とNYタイムズ紙

f:id:gunjix:20200328005944j:plain

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版が、新型コロナウイルスの日本での感染状況について「厳しい外出制限をしていないのに、イタリアやニューヨークのようなひどい状況を回避している」と指摘し、世界中の疫学者はコロナ感染が日本で爆発しない理由が分からずパズル(当惑している)と伝えている。この電子版記事では、日本ではニューヨーク・パリのような厳しい外出制限もせず、経済的にマイナスとなる封鎖や広範囲にわたるウィルス感染検査もされていない。人々は混雑した地下鉄に乗って、桜を眺めるために公園に集まり、買い物、飲酒、食事をし、日本の限られた少数の人だけに確認されたコロナウイルスの症例と死について安堵しているかのように思われる。日本は感染の封じ込めの偉業を達成するかのようで、パンデミックが始まったアジアの他の国々とは興味深い対照を示している。都市を封鎖することもせず感染者の監視技術も配備されておらず、また、韓国が病気をまん延する前に人々を隔離するのに役立てた 一斉検査も採用しなかった。こうした日本の状況について、米コロンビア大の専門家は、日本のやり方は「ギャンブル」であり「事態が水面下で悪化し、手遅れになるまで気付かない恐れがある」と警鐘を鳴らしている、と日本だけが感染爆発しない謎について、皮肉を込めた記事を書いている。東京都で1日に40人以上の感染者が3日連続で続いているいま、「ギャンブル」と言われた日本のコロナ対応策が、果たして「吉」とでるか「凶」とでるか、世界中が注目しているようだ。

Tペーパー買占めにしっぺ返し、コンビニ店主の貼り紙。

が 

f:id:gunjix:20200326152943j:plain

トイレットペーパー売り場の棚に「1個あたり3.50ドル(約235円)、2個目からは99ドル(約6,640円)。欲張らず、他人のことを考えて」という貼り紙(⬆上の写真)を出したオーストラリア・シドニーのコンビニエンスストア。コンビニオーナーのセッダさんによれば、以前は「1人1パックのみ」と注意書きを貼り出していたのに関わらず、誰もこれに従わなかったという。「みんな2つ、3つ抱えてレジにやって来る。『母の分なんだ』『妹に頼まれて』なんて言ってね。注意書きを無視されてイライラは募るばかりでしたよ」そこでセッダさんがアイデアをひらめかせて作ったのがこの張り紙、「2パック目からは99ドル(6,640円)と書いてみたら、みんな1つしか買っていかない、誰も2個以上売り場から取らないんですよ」と効果てきめんに大喜び、「これのおかげで、高齢者や、困っている人たちがみんなトイレットペーパーを手に入れることができる。ここが重要なポイントです」とセッダさんは語ったという。現在の我が国でも、製紙メーカーが在庫は十分にあるといくら声を大にして叫んでみてもスーパーやドラッグストアのトイレットペーパーの棚は空っぽのままの状態が続いている。人間の「強欲」がメーカーの「生産能力」を上回ってしまっている格好だ。買い占めしたい「強欲」にブレーキをかけるには、セッダさんのこのアイデアは実に効果満点、日本のスーパーやドラッグストアでも、この「張り紙」のアイデアをすぐにでも採用してみてはどうだろう(笑)

NOプロブレム風評被害、コロナビール絶好調の理由。

f:id:gunjix:20200326003800j:plain

メキシコ生まれの「コロナビール」が、アメリカで風評被害にあっている。アメリカのPR会社が「コロナビールを今は飲まないと答えた人が38%にのぼる」という調査結果を発表、これに対してコロナビール側は、「我々のビジネスに影響はない」と反論している。「コロナビール」は日本にも輸入されている。日本でコロナウィルス騒動が起きた後の「コロナビール」のPOSデータ(お店のレジの販売記録)を調べてみると今年2月以降、売上数量がそれ以前より伸びていて、1店舗当たりの売上金額で見ても同様に伸びを示し、新型コロナウイルスの騒動による風評被害は明らかに受けていないという。さらに風評被害を想定しての値引き販売もしておらずコロナビールの平均売価は2月以降まったく変化していないという。コロナ騒動の中、日本国内でなぜコロナビールの売れ行きが順調なのか。ひとつは、感染予防の自粛モードで飲食店でのビール消費が落ち込み、家飲みが増えたためだという説、あるいは、連日のように「コロナ」「コロナ」とマスコミで連呼され、人々の会話の中のキーワードになってしまっている「コロナ」という言葉が多くのビール愛飲家のアタマの中に無意識に刷り込まれ、スーパーマーケット等で買い物をする際についコロナビールに手を伸ばしてしまうからだ、という説。いずれにしても、風評被害をモロに受けているアメリカと違って、「コロナビールを飲んでコロナウィルスをやっつけよう」という日本人のシャレ心、鬱陶しい毎日を過ごしている中、何だかホッとした気分になりませんか(笑)

 

クラスター?「日本語でダメなのか」と河野大臣が皮肉。

f:id:gunjix:20200325124140j:plain

新型コロナウイルスをめぐり、政府や専門家会議の声明文が「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」などとカタカナ英語をひんぱんに使っていることに、河野防衛大臣が「わかりやすい言葉にしたほうがいい」と苦言を呈した。河野大臣は、これらのカタカナ英語は「集団感染」「感染爆発」「都市封鎖」など日本語に言い換えられるはずだと指摘。その上で、「年配の方をはじめ、よく分からないという声は聞く」「もう少しわかりやすく日本語で言えばいいと思う」と語った。なぜ、コロナ騒動の緊急時に行政府の役人はワザと意味がわかりにくい英語をカタカナにして使いたがるのか。はっきり言えば英語のほうが日本語より優れている言葉だという英語コンプレックスが心の底にあるからだ。100年以上前、日本の博物学の祖とされる南方 熊楠(みなかた くまぐす)は米国に5年英国に8年留学し語学にも堪能だったが、同時に英語コンプレックスを持たない稀有な日本人だった。大英博物館に勤めていた時、図書館で人種差別発言を受けた熊楠は大勢の前でその男に頭突きを喰らわせ入館禁止となった。1年後にまた差別発言をしたその男を殴打し博物館から永久追放されたが、学才を惜しむ有力イギリス人たちから嘆願書が出され復職した、という熱血漢だった。英語でケンカもできる知識人南方 熊楠は、民俗学者柳田國男に対して「(日本人で)外国語を文章や会話に挟むような奴はろくなやつがいない」と語ったという、逸話がある。毎日のようにクラスターやオーバーシュートをひんぱんに使っている連中は、100年前に 熊楠が言った通り「ろくな奴」ではなさそうだ(笑)

アメリカNY多発テロ首謀者ビン・ラディンはAVマニアの真実。

f:id:gunjix:20200311202758j:plain

9.11ニューヨーク同時多発テロを指揮したアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン(⬆上の写真)。事件から10年後の2011年5月2日、潜伏先のパキスタンアボッターバードで米国海軍特殊部隊による軍事作戦によって銃撃戦の末、殺害された。ビンラディンが殺害された直後、ロイター通信が匿名の米政府高官の話として、潜伏していた隠れ家から大量のポルノビデオが発見され、これらは「現代的で電子的に録画されたビデオであり、かなり広範囲に及ぶモノ」と暴露した。ビンラディンが信奉するイスラム教ではポルノは厳禁であり、ポルノ文化はビンラディンが批判してきた欧米文化の最たるものであるはずなのに、それが事実なのか、にわかに信じがたいニュースだった。当時、欧米社会がビンラディンを「テロリスト」と批判したところで説得力を持たない。それよりも「ポルノ愛好家だ」と描写する方が、ヒール(悪役)らしく見えるからではないか、あるいは、情報をリークした米政府側のねらいは、おそらく「ビンラディンがポルノを観ていた」という言説を流布することによって、アルカイダに共鳴する支持者たちを幻滅させることがネライだろう、などと噂された。このポルノビデオがビンラディンの所有物かどうか分からないまま、2015年には米国のネットメディアがCIAに対して「情報公開法」をタテに公開を請求したが、CIAは「節度を欠いた物を公開することは連邦法で禁じられている」という理由でこれを却下している。テロ首謀者とポルノビデオの意外過ぎる結びつき、面白そうな話題だが、真実は今もって闇の中だ(笑)

4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」、下心バレバレ。

f:id:gunjix:20200322205602j:plain

漫画家きくちゆうき氏が自分のツイッターに「100日後に死ぬワニ」というタイトルで毎回「死まであと◯日」と表示して終わる4コマ漫画(⬆上の写真)を連載、主人公のワニが100日後に死ぬまでの日常生活を描いたこの漫画がSNS上で大ヒットした。毎日更新されるこの4コマ漫画のフォロワーが日増しに増え続け、連載が開始された昨年12月頃は1万ほどだったフォロワー数が、1月中旬に40万強、2月中旬に90万を超え、3月17日には150万を突破。20日には約196万で、この3ヶ月間で約190万増となり、最終回の100日目には1日だけで50万人にもフォロワーが増える大ヒット作品となった。最終回に主人公のワニが死ぬことを「あと◯日」と伝えながらリアルタイムで主人公のワニが日々「死」に向かって生きるというこれまでの漫画には見られなかったユニークな構成が、読者の注目を集め続け、大ヒットに繋がった理由と思われる。ところが、この漫画の最終回の掲載直後に、「100日後に死ぬワニ」の書籍化と映画化、グッズ展開が大々的に発表されたため読者から「最初から仕込みがあったのか」という批判の声が続出、SNS上で大炎上してしまった。一方で、批判されたグッズの売れ行きはといえば、SNSでの「仕込み批判」の影響なのか漫画ほどに大ヒットする気配が今のところまったく見当たらない。ところで、「100日後に死ぬワニ」のストウリーは、300年以上前の中世ドイツの哲学者ライプニッツ”が唱えた「予定調和」という理論にピッタリとあてはまる。予定どおりに物事が進行し、結果もその通りだったときに使われるこの「予定調和」という理論、4コマ漫画では大成功したけれど、金もうけを予定した「下心」が読者にバレてしまった途端に、「予定調和」とならなく無ってしまったというお粗末、お後がよろしいようで(笑)

コロナ治った766人の情報が全くナシ、報道規制だろうか?

f:id:gunjix:20200322105132j:plain

新型コロナウイルスの感染が確認された日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長⬆。17日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表、その時点で微熱があり肺炎の症状も出ていたのに2日たった昨日、19日付JFAの公式サイトに「昨日から医師の指示に従って治療を開始しました。そのかいあって、熱は下がり、気分は悪くありません。新しい薬の投与も始まり、一日中検査をしています。すぐに結果の出ることではありませんが、このような積み重ねがこの新型コロナウイルス感染症の治療法開発に活かされるのかと思います」と報告。また米国の大物俳優トム・ハンクス氏夫妻がコロナウイルスに感染し隔離された際「少し疲れていて風邪を引いたときのようだ。妻リタは寒気を感じ、微熱がある」とコロナ感染の自覚症状について報告した6日後に、インスタグラムに退院した夫妻の動画を投稿、2人が退院したことが明らかになった。しかし、昨日までに国内でコロナに感染した後に症状が改善して退院した人達が何と766人にまで達したというのに、治った人の誰一人もその感想についてマスコミで全く報道されないのはなぜなのか?不倫した俳優に「奥さんと彼女どっちが好きですか」というくだらない質問を報道する以前に、国民全体が精神的に疲弊している今こそ、マスコミ各社は退院した人々の「治った声」を取材し、しっかりと国民に伝えるべきではないのか。