ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

ジムで出会った28歳女性、大谷翔平結婚相手を文春スクープ。

大谷翔平結婚」のニュースは瞬く間に世界を駆けめぐった、大谷選手の結婚発表会見ではお相手の女性についてまるっきり実像が見えて来なかった。一夜明けて、文藝春秋のスポーツ専門誌Numberが大谷本人に独占インタビュー、3月7日発売のNumber1092号に掲載予定の大谷翔平「野球翔年2024 結婚生活を語る」の中で結婚相手の実像にかなり迫った内容を雑誌発売に先行してネットで一部公開した。それによると、2人の出会いについては、「ジムではないんですが、練習しているときだったみたいですね。というのも僕にとってはそこが微妙なところで、彼女が『最初に会った』と言うときのことを僕は認識していなかったんです。彼女曰く『すれ違いざまに挨拶してくれた』と言うんですけど、僕はそれがどこなのか思い出せない。練習施設の中の廊下だって……でも、その次の2回目と3回目に会ったときのことはしっかり覚えています。だから、2週間ちょっとの間に3回、うち2回は会ったのを僕も覚えています(笑)」と語り、 お相手に何と呼ばれてるかという質問には「僕は『さん』付けですね。『翔平さん』とか、あとは短縮した『さん』付けも……」 ――えっと、短縮というのは「翔さん」?「僕は名前を呼び捨てにしています」 年下なんですか。 「年下です。2個下かな。僕が今年30歳で、彼女が……たぶん28歳です。あれっ、もし間違っていたらごめんなさい(笑)」 など、かなり相手の実像に迫っている。さすがスクープで定評ある「文藝春秋社」テレビや新聞をまた出し抜いた(笑)

 



流行語大賞決定!「皆さんがウルサイので」大谷翔平結婚報告。

SNSで結婚を電撃発表したドジャース大谷翔平選手、米国内では「ニューヨーク・ポスト」が「呆然とさせる結婚公表後、ショウヘイ・オオタニが“普通の日本人”妻について話す」と報道、その他、創刊100年を超える大手雑誌「タイム」など、様々な米国メディアが大谷の結婚を続々と取り上げ、その衝撃は英国にも及んだ。英国BBCは「ショウヘイ・オオタニ野球界のスーパースターが日本人女性との結婚を発表」と題して速報、「デイリー・メール」も「ドジャースのスターが結婚を発表した翌日に沈黙を破る」と報じた。一夜明けて、大谷選手はキャンプ地で日本人記者による囲み取材に応じた⬆。その一部始終が日本のメディアで伝えられると早速様々な反応がSNS上に挙がった。 「ほぼ何もわからない会見だった(笑)」「 プロポーズの言葉や入籍日を言う必要ない、など大谷さん自然体で答えていて素敵だったなー!本当にスゴイ人だ…!」「あんだけ年中マスコミ取材でマークされてたのに一切バレなかった大谷さん凄い!」 記者から「きちんと発表した意図は」と問われた大谷選手は「一番は、みなさんがうるさいので」、と回答。これを受けて「みなさんがうるさいので」のワードがSNSでトレンド入り。「皆さんがうるさいからとはっきり言えるのは大谷さんくらいだな」「『みなさんがうるさいので』が今年の流行語になりそう」というコメントが挙がった。結婚報告で「流行語」 まで生み出す大谷翔平選手、さすがスーパースターである。

「ヨーヨーカーブだ」、ドジャース山本由伸の衝撃デビュー。

ドジャースの山本由伸投手が、対レンジャーズ戦でオープン戦初登板初先発し、2回1安打無失点と衝撃のデビューを飾った。MLBファンに「ピッチングニンジャ」として有名な、弁護士で投球分析家のロブ・フリードマン氏が山本のデビュー戦をバックネット裏から観戦。山本の投球を分析しTikTokで公開した⬆フリードマン氏は山本のカーブに特に興味を持ち「ヨーヨーカーブだ」と命名。「ヨーヨーのように投げるから。誰も彼のような投げ方はしないとてもユニークな球だ。ほとんどのピッチャーがボールの前に指を置いて投げる。ああやってカーブを投げる投手はメジャーで他にいない。(カーブは)彼の持つ多くの武器の中の1つだ。見ていて楽しい」と高く評価した。フリードマン氏が「ヨーヨーカーブ」と名付けた山本投手の独特なカーブ、リリース時に親指がボールの手前(身体)側にあり、奥(打者)側を人差し指と中指でグリップする。特殊なのは最後に親指を立てて、最後まで指の腹でボールの中心をグリップしている。最後までボールをグリップしてることで、カーブがフワッと抜けてしまう(⬆画像上のボール)のを抑え、強く直線上に発射される(⬆画像下のボール)効果があり、最強のパワーカーブが生み出せるのだ。この「ヨーヨーカーブ」を駆使して山本投手がMLBの「奪三振王」になることを期待したい。

 

ホントの事を言い過ぎた森永卓郎氏、メディアから干された。

ベストセラー本「財務真理教」を書いた経済評論家の森永卓郎氏、「国民生活が貧しくなっても消費税増税を続ける財務省は“カルト教団化”している。新聞テレビの大手メディアもこの財務省の「教義」の拡散に協力して国民を洗脳し、野党の政治家やテレビに出演している政治評論家達もこの「教義」にいつのまにか洗脳されている。国民生活がどんどん貧しくなるのを止めるには、 この財務省による「洗脳」を解き一刻も早く、減税と財政出動に政策を変えるべきだ」とこの本の中で主張している。その森永氏が政治経済誌「現代ビジネス」の対談の中で、「財務真理教」を書いたことで大手メディアに無視されていると語った。「『財務真理教』がアマゾンで3週間ほど経済書の売上ランキングのトップを走っていたのでネットメディアとか、タブロイド紙、週刊誌がたくさん取材に来たんですよ。ところが、大手新聞社と地上波テレビ局からは無視されました」というのだ。そして最近テレビ出演が無いことについて「コメンテーターの間では、「絶対に本当のことを言ってはいけない。干されるぞ」と言われているんですよ。テレビに出続けようと思ったら、こう言わなきゃいけない「いま、日本の財政は逼迫(ひっぱく)していて、孫や子の代に借金を付け回ししないためには、消費税の継続的な引き上げは避けられないんです。国民の皆様一緒に増税に耐えましょう」と。こう言っておけば、テレビに出続けられるんです」。いやはや、日本も中国並みに「言論の自由」が無い国になってしまったようだ。

英語を文字で学ぶ✘、音声で学ぶ⭕、東大教授が解明。

東京大学言語学の酒井邦嘉教授のチームが、英科学誌「サイエンティフィックリポーツ」に「他国の言語を習得する際に共通して活発に働く脳の領域を特定した」と発表した。言語を習得する際に活発に働く脳の領域L.IFG「前頭回」が、新しい言語の「音声」をリスニングしてる(聞いてる)際に、文字で学んでいる時より活発に働き、文法の理解も早かったことを突き止めたという。このことから「英語を学ぶ上には、まず音から入る事が基本であることが裏付けられた」と酒井教授は語っている。我々が昔学んだ英語は「読み書きが基本」で、それから半世紀経っても学校の英語教育は「音声から入るのが基本である」ことに、いまだに気付いていないようだ。それで思い出したのは、日本女性で最初の米国の司法試験に合格した私の知人が言った言葉。彼女は日本で英語の優等生で「読み書き」に自身があってアメリカに渡った。しかし、最初の2年間まるっきり英語が話せなかった。「で、どうやって話せるようになったの?」という私の質問に彼女は「突然耳が開いたから」と答えたのだ。つまり、2年間彼女はアメリカ人の英語をリスニングし続けている内に、耳がようやく慣れて英語が音声で理解できるようになったという意味だ。「聞き取れなければ話せない」英語教育の基本は「リスニング(音声)だ」と、彼女が教えてくれたのは今から40年以上も前の話だ

「老人は早く死んだほうがいい」億万長者イーロン・マスク。

米国のビジネスや技術ニュース専門ウェブサイトBusiness Insiderで世界一の億万長者イーロン・マスク氏(52歳⬆)が、2年前に「老人は早く死んだほうがいい」と語っている。その理由は、「人々に本当に長く生きてもらうべきだとは思わない、年長者が多いと、社会に閉塞感を生む。なぜなら彼らの大半が考え方を変えないというのが真実だからだ。老人が死ななければ、我々は古い考えに支配され、社会は進歩しなくなる。私の会社が、人類の寿命延長に投資したり、その技術を開発しない理由は、個人的に『人はあまりにも長く生きてはならない』と考えているからだ。人があまりにも長生きすると社会が窒息しかねない。正直言ってほとんどの人は一度考えた主張をあまり変えない、そのままそう信じて死ぬ。もし、そのような人々が死ななければ、我々の社会は古い考えが固着し発展がないだろう。我々はすでに長老支配の深刻な問題に直面していると思う。今の米国は、とてもとても時代遅れのリーダーシップだ。何世代も上の人物が一般の人々と繋がろうなどというのは、単純に不可能だ」。確かに、今年11月のアメリカ大統領を争うのは81歳のバイデン氏と77歳のトランプ氏だし、ウクライナ侵略のプーチンも71歳。マスク氏は、すべての老人に死んで欲しいと言ってるのではなく、世界の 政治や経済のリーダーシップを老人達が握ることで「閉塞感」が生まれることを問題視しているのだ。

 

生きてるようなこのミイラ、2400年前のタイムカプセル。

1950年、デンマークの泥炭地で燃料にするために泥炭を切り出していた一家が、謎の遺体を発見した。あまりに状態が良かったため、殺されて間もない、地元の殺人事件の被害者かと思われたが、遺体を放射性炭素年代測定により分析した結果、死亡時期は紀元前405~380年頃、今から2400年も前の鉄器時代の遺体だと判明した。つまり、損傷がほとんどない完全な形で現代まで残った古代のミイラだったのだ⬆。このミイラの骨と軟組織が長期にわたってきれいに保存されていたのは、泥炭地の環境が酸性だったから。脳は、委縮していたがそのままの形を保ち、腸には内容物まで残されていた。皮膚と爪は、数千年間無酸素状態だったために角質化し黒くなった。泥炭地に多く生えているミズゴケが分解するときに発する化学物質により、遺体の腐敗は抑止されていた。つまり、泥炭地という環境がタイムカプセルの役割を果たし、2400年が経過しても生きてるかのようなミイラに仕上ったというわけだ。このミイラは男性で推定年齢はおよそ40歳、身長は当時としても比較的低めの161cmでトーロンマンと名付けられた。 革製の帽子を被り、腰周りには、革のベルトを着けており、首の周りには絞首された紐がきつく巻きついていた。考古学者によればトーロンマンは、2400年前に盛んだった宗教儀式によって生贄の為に選ばれ絞殺された人物ではないか、と推定している。