ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

父と手を切ったから、手に入った井岡一翔の4階級日本人初制覇。

f:id:gunjix:20190620003212j:plain

元世界3階級王者で、WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)が、同級1位のアストン・パリクテ(28)を10RTKOで破り、日本人初の世界4階級制覇を達成した。井岡は2年前の17年大みそかに一度引退を表明している、「プロになって3階級制覇が父との目標でした。叔父である井岡弘樹が2階級王者なのでそれも超えたかった。その目標を達成した時に引退が心によぎり、「別の道」に進みたいとおもいました。5度目の防衛をし、今がその時だとおもいました」と3階級制覇を共に戦った父親と叔父とに対しての「決別宣言」を行ったのだ。そして単身渡米し、ラスベガスで名伯楽として名高いイスマエル・サラス(⬆上の写真左)の元でボクサーとして「別の道」をスタートさせた。父親や叔父がセコンドを務めていた2年前までの試合運びとはまるで違った今回の井岡のボクシングスタイル、父親のトレーナー時代にはなかったインファイトを多く取り入れた戦いぶりを見せながら時間を掛けて少しずつ丁寧に相手を削っていき、ここが勝機と見るや一気に勝負を掛けるという実に新鮮な闘いぶりを見せたのだ。父親と組んでいた2年前の井岡なら、慎重に相手のダメージを見極めていたのに、今回の試合では勇気を持って被弾覚悟で何度も踏み込んで見せた。相手のパリクテはインファイトに持ち込み繰り返し踏み込んで来る井岡選手に、やりにくそうな表情を何度も見せた。これだけ鋭い攻めをする井岡を見たのは初めてかも知れない。2年前までは、父や叔父に教えられた通りに、技術がしっかりしてガードの下がらない綺麗なボクシングをするのが井岡選手のスタイルだったのに、今回の試合では前に出て打ち合うスタイルもプラスされて井岡選手の2年前とは違うひと皮むけたような進化を見せつけたのだ。父親や叔父と手を切ってまで「自分のボクシング」を極めようとした井岡選手、日本人初の4階級制覇の偉業を手にした彼に、心からの拍手を贈りたい。

やっぱりウソ。たけしの離婚慰謝料金額にツッコミを入れた元妻。

f:id:gunjix:20190618220732j:plain

 ビートたけし北野武=と離婚協議が成立した元妻・北野幹子さんが代理人の弁護士を通じて報道各社に書面をFAXして「100億円を超える慰謝料を支払った」と言う報道について反論した。一連の報道において、北野武氏の資産が100億円ないし数百億円もあり、それらの(ほぼ)全てが幹子氏に分与されたなどという内容がまことしやかに報道されております。しかしながら、そのような規模の財産が現存するという事実はありませんし、それらの「(ほぼ)全て」が幹子氏に「分与」されたという事実もございません。また、北野武氏より「(離婚に際し)お金を取られたー」とか、「(離婚後に残った財産は)家だけ」などという発言がありましたが、これらの発言内容は、当方の認識とは全く異なります。なお、一部報道において、幹子氏により勝手に婚姻届を出されたことから婚姻関係がずるずると続いてきたとも報じられておりますが、実際には、当然のことながら両名合意の上で婚姻届に署名押印し、武氏自身が役所に提出しております。以上の次第ですので、確たる証拠に基づかない憶測での報道や、武氏のジョーク・誇張表現を真に受けたような一般的な報道はお控えいただきますようお願い申し上げます」と綴っている。今回の離婚慰謝料報道は当初からフェイクの臭いがしていたが元妻がツッコミを入れたように、たけしのジョーク・誇張表現を真に受けて、裏付け取材をしないまま無責任報道を繰り返したマスコミ各社、果たしてこの元妻からのFAXを読んでどう言い訳するのか、実に楽しみだ(笑)

 

コパ・アメリカ、チリに日本はなぜノーゴールだったのか。

f:id:gunjix:20190618164755j:plain

コパ・アメリカに出場している日本代表は17日、グループリーグ第1節で優勝候補チリ代表と対戦。前半41分にチリに先制を許した日本は、後半9分に追加点を奪われると、同37分と同38分にも失点して0-4の完封負けを喫した。ノーゴールだった日本代表について海外から国内から多くのコメントがネット上に挙がっている。(海外からのコメント)「スコアほど差はなかったが、経験の差が出てしまったな」「上田が少なくとも4回は外していた」「俺の採点: 大迫 4 、 杉岡 2, 植田 4, 冨安 5, 原 2 、 柴崎 6, 中山 2 -、久保 7, 中島4,5, 前田 3 、上田 3」「サンチェスやアランギスのような選手を相手に原や杉岡のような選手では荷が重かった」「久保建英が"日本のメッシ"と称されれている時点で日本はコパアメリカで負けると思っていたよ」(国内からのコメント)「あれだけ外したら勝てないよな」「途中からチリに中山が穴だって完全にバレて狙われてたな全部中山からの失点だったのホンマ草」「3(中山)と14(原)は帰れよ」「そらあれだけ外せば上田はネタにされるわな」「中山と上田は二度と見たくない」「杉岡、原、大迫は今すぐ消えろ!」「両サイドバックと中山は擁護のしようがない」「森保は何を考えて、こんなメンバーで挑んだんだ?これは親善試合ではない、ガチの大会に参加してんだぞ?」「決定機決められないのはもはや日本のお家芸、本気の南米強豪相手に五輪チームで挑んだ当然の結果これで得られるものがあるのかね?森保よ」、森保監督はこうしたサッカーファン達のコメントには目を通しているのだろうか(笑)

 

白人じゃない日本人が人種差別?海外が笑う「花王」の過剰反応。

f:id:gunjix:20190617183754j:plain

 洗剤メーカー大手の花王が、社内の働き方改革や家事の分担を提唱する「#BeWHITE」と名付けた社員向けキャンペーン(⬆上の写真)を一時休止し、関連サイトを閉鎖すると発表した。問題となった「ホワイト」という表現、社員の働き方に配慮した企業を「ホワイト企業」と呼ぶことからプロジェクト名に「ホワイト」の文言を入れたのだという。しかし、ホワイトが肌の色を連想させ、これを肯定した表現は人種差別に当たるのではないかという指摘が社内の一部からあったためサイトを急きょ閉鎖したのだという。このニュースに早速海外の若者たちから多くの反応があった。「白人ではない日本人の間でナゼこれが問題になるんだ?」「過剰反応しすぎ、ホワイトは洗剤やクリーニングの広告に最適なのに」「気にしてないからホワイトという言葉を使ってイイと伝えてくれ」「馬鹿馬鹿しい」「愚かなやつは何でもかんでも人種差別と騒ぐのか」「ヒドイ英語のキャッチフレーズなのは確かだが、人種差別とは思えない」などなど、花王がホワイトという言葉に過剰反応して自主規制したことを訝る声がほとんどだ。本当の「人種差別」についてまるでわかっていない黄色人種の日本人、過剰な反応を示すのは「いかがなものか」と海外の若者たちは冷ややかに見ているように思われる。

 

引退のイチロー、東京ドームで観客を待たせた「20分の空白」の真相。

f:id:gunjix:20190616002312j:plain

2019年3月、日本人メジャーリーガーとして数々の大記録を残したイチロー選手の東京ドームでの最後の引退試合。その舞台裏を追った特別番組『イチロー引退 舞台裏の物語』がNHK BS1で放送された。あの日、テレビの生中継を見ていた人たちが最も知りたかったのは試合終了後、ベンチ裏へと消えたイチロー選手が別れを惜しんでスタンドに居残った満員の観客の前に再び姿を現すまでの「20分間の空白」の謎についてだろう。スタンドが総立ちで「イチロー」コールを繰り返す中でなぜ20分間もイチロー選手は総立ちの観客を待たせ続けたのか。舞台裏を追ったこの番組でようやくその真相が明らかになった。ベンチ裏に消えたイチロー選手は、先ずチームメイトを集めて「別れの挨拶」をし、その後に帰国を急ぐアメリカ人記者達による囲み取材を受けていたのだ。この間、イチロー選手の耳にはスタンドに居残った満員の観客の割れんばかりの「イチローコール」はまったく届いていなかった。そして20分が経過する頃、傍にいた通訳から「観客がまだ帰らずに待っている」と告げられるとイチロー選手は「あ、そうなの」と答えて再びベンチ裏から球場内へと足を運んだのだった。この時、もうすぐ日付が変わろうとしていた午後11時25分、イチロー選手は恐らく残ってくれてる観客はそれほど多くないだろうと思いながらの再登場だったのだ。ところが再登場したイチロー選手が目の当たりにしたのは、スタンドに総立ちで深夜にも関わらず居残っていた満員の観客、彼が驚き感激したのは言うまでもない。そのあとの日本人記者との会見で「引退の決断に後悔は?」という質問に「今日の球場でのできごと、あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」と語ったコトバの中に、「あんなものを見せられた」イチロー選手がどれだけ「感動」していたかが、生々しく伝わってくる。

 

大谷翔平サイクルヒット、日本人初が「アジア人初では無い」って知ってた?

f:id:gunjix:20190614142629j:plain

エンゼルス大谷翔平選手が、メジャーで日本人初のサイクルヒット(1試合で1塁打・2塁打・3塁打・本塁打の4本)を達成した。イチロー選手も松井秀喜選手も達成できなかった「偉業」だと日本のマスコミはこぞって大谷選手を賞賛している。確かにメジャー137年間の歴史でサイクルヒットを達成できた選手はわずか277名であり達成回数は137年間で307回とメジャー史上でも希少な記録であることは間違いない。ところでメジャーで日本人初のサイクルヒット達成という日本のマスコミ報道は大いに結構なのだが、すべての日本マスコミが完全に無視しているアジア人としての「サイクルヒット達成」では2番目だという事実をご存知だろうか。4年前の2015年7月21日に韓国プロ野球出身でテキサス・レンジャースで活躍する秋信守(チュ・シンス)選手(⬆上の写真)がアジア人として初めてMLBでのサイクルヒットをすでに達成しているのだ。陸上100m競技で日本人初の9秒98を出した桐生祥秀選手や9秒97の記録を出したサニブラウン選手はだれでも知っているがアジア人トップの9秒91の記録を昨年6月に出した中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)選手の存在を殆どの日本人が知らないように、日本マスコミの偏重したスポーツ記録の報道だけを鵜呑みにしていると大きな恥を掻くことになりかねない、大谷選手のMLBで日本人選手初のサイクルヒット達成は快挙であることに異論は無いが、日本人選手がさもアジアで一番だという思い込みでの日本マスコミの偏重したスポーツ報道には少しばかり首を傾げざるを得ない、そう思いませんか?

 

たけしの離婚慰謝料1千万円〜200億円とフェイクニュースだらけ。

f:id:gunjix:20190613143515j:plain

タレントのビートたけし(72)が、40年以上にわたり連れ添った幹子夫人(67)と離婚したことが大きな話題になっている。その理由は、たけしが支払ったとされる離婚慰謝料が、離婚に際して超高額の慰謝料を支払う海外セレブ並に高額であり、日本では前例のない高額になるからだという。マスコミは「日本の芸能界で史上最高額の“手切れ金”であることは間違いない」などと連日報道しているが、一番肝心の慰謝料がいくらだったのか報道各社によってその金額が違うというフェイクニュースのオンパレードだ。安い所では1千万円と報道し、高い所では200億円を超えていると報道する。弁護士の見解を交えての報道では、たけしが数百億円とも言われる財産を全て前妻に譲渡し、手元に残ったのは3億円の豪邸のみだ、とされる報道にについて「法律上そこまでする必要はなく、資産の半額+慰謝料500万円が妥当」だという弁護士の見解付きで慰謝料金額を推測している。たかがタレントの慰謝料の話だからフェイクニュースで十分だとマスコミ各社はどうやら考えている様子だが、それを聞かされる一般読者は堪ったものではない事はたしかだろう。本当のところはいくらなのか?さまざまな金額報道が出揃ったところで、離婚の調停に関わった弁護士や当人達に最も近い筋からより確実な裏付けを取ったうえでフェイクではない金額報道がなされるべきではないのか。イイ加減な報道でことを済まそうとする三流マスコミ各社は、所詮「オオカミ少年」レベルの報道しかできないままなのだろうか(笑)