ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

HR34本でグッドバイ、大谷翔平ホームラン失速を振り返る。

エンゼルスの大谷翔平投手が、アスレチックスとの今季最終戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回6奪三振1安打1失点で降板し9敗目を喫し、最終戦を白星で飾ることができなかった⬆が、今季は、投手で15勝9敗、打者では最終戦で中前打を放ち打率.273の成績で今シーズンの投・打2刀流を終了した。投手としての大谷は、28試合登板、15勝、防御率2.33、166回、219奪三振と、軒並みキャリアハイの好成績を収めたが、打者としては昨年のホームラン数46本に比べ34本と物足りない結果に終わった。最終戦後のインタビューで、大谷翔平本人が、今季ホームランが大幅に減少したことについて、「もう少し打率の部分で3割近く打てるようなイメージでシーズン前はいこうと思っていたので。その中で本塁打がどれくらい出るのかなというのが1つチャレンジではありましたけど。どうですかね。フェンス手前で失速するような打球が少し目立ったので。そこがもうひと伸びすれば、ホームランの数も伸びてくるんじゃないかなと思います。逆方向の打球に関してはボールの影響がちょっと強いかなと思います。スピンのきいた打球は飛ばない印象が強かったので。逆に引っ張ったような打球は、それほど変わらないかなという印象はありましたし、逆方向のスピンのきいた打球がもうひと伸びできるフィジカルだったりとか、スイングの強さがあれば、もっともっといい数字が残るかなと思います」と振り返った。打球がもうひと伸びできる「フィジカルとスイングの強さ」を課題にあげた大谷選手、来シーズンのHRキングを期待したい。



王超え56HR、村上宗隆は優勝ビール掛けで「予告」してた。

ヤクルトの村上宗隆選手(22)が、58年ぶりとなるシーズン最多本塁打で王貞治氏を超える56本塁打を放ち さらに球界18年ぶり、令和初の三冠王にも輝いた。しかし、村上選手は王貞治氏に並ぶ55本を放ってからの13試合、大記録達成を意識しすぎて57打席もの間ノーアーチという極度のスランプに陥り、安打も出なくなった。打率は急落し、確定と思われた三冠王獲得も危ぶまれる状態だった。メディアもファンも固唾を呑んで 村上選手のスランプ脱出を祈るように見守る中、ヤクルトが2年連続9度目のリーグ優勝を決め、神宮球場のスタンドのファンの前で、ビールかけが行われた。ヤクルトの監督や選手が次々にテレビ画面に向かって優勝の喜びを語る中、スランプで苦しんでいる最中の村上選手にもマイクが向けられた⬆。テレビのインタビュアーは、型通り優勝の喜びを聞き、大記録達成については一切触れずに村上選手に「CSシリーズ頑張ってください」とだけ言葉をかけた。すると、村上選手は一瞬の間を置いて「記録かかってるので頑張ります」と自ら記録達成について口を開いたのだ。インタビュアーの「自分への心配り」を瞬時に察した村上選手の「記録がかかってるので頑張ります」の一言は「年間最多本塁打&三冠王」達成を予告する言葉のように聞こえた。そして、最終試合の最終打席での大記録達成、恐るべき22歳のスラッガー誕生だ。

NYタイムズ、アントニオ猪木はアリに勝てていた、と追悼。

『燃える闘魂』として国民的な人気を誇ったアントニオ猪木氏が今月1日に亡くなったことを受け、アメリカを代表する新聞『The New York Times』でもこのニュースを大きく扱った。記事では「1976年にモハメド・アリと対戦して有名になった後、政治家として、また世界中を飛び回る平和の仲介人として活躍した」と紹介、「1976年6月26日、東京で行われたモハメド・アリとのスタントマッチは、アメリカでも注目を集め、その名を世界に知らしめた」とアリとの「格闘技世界一決定戦」にも言及、世界中から「凡戦」と評されたこの一戦について第6ラウンドで両者がマット上に横になった場面を取り上げ「あの瞬間、レフェリーが2人を引き離すまで、あと5秒、10秒続いていたら、イノキはアリの首か腕を巻き込んで、その場で格闘技界の歴史を変えていただろう」と、猪木が勝つチャンスがあった試合だった、と追悼の記事を書いている。YouTubeでその6Rの場面を見直してみると、猪木は床に仰向けになりアリを誘うように足を高く上げる。アリがその両足をつかむと、猪木は体を思いっきり反転させ両足を掴んでいたアリはその反動でマットに仰向けに倒れて猪木に組み伏せられてしまう。そして馬乗りになった猪木がアリの顔面にヒジ打ちを入れようとした瞬間(⬆上写真)、レフェリーが猪木の腕を取りアリから体を引き離してしまったのだ。NYタイムズが指摘したように、あのまま試合が続行していたなら猪木はプロレス技でアリを間違いなく倒せていたと思われる。

 

芸人ヒロミ、TV界からの新たなニーズを10年待った。

人気絶頂期の頃は週10本のレギュラー番組を持ち、 最高月収はなんと6000万円を超えていたというお笑いタレントのヒロミ⬆。その彼が40代になったころから約10年、芸能の仕事を離れていたのに8年前の2014年から 突如再ブレイクを果たすことができた理由について、ABEMAテレビ「7.2 新しい別の窓♯55」に出演して語った。「時代に合わないな、とか、時代に求められてない、というか。流れでこうやってテレビでやっていたのが、俺みたいなキャラとかね、「生意気」でずっと来て、“お、タモリ!”とか言いながらおもしろがられたけど、40くらいになった時にそれを言っていると、逆におかしいじゃん?」。キャラクターの変更も考えたそうだが、「じゃあ変えようかなというのが変えられなくて、じゃあ芸能界じゃなく別のことやってもおもしろいかなって思って、(テレビから)退いた」と明かした。10年を経て2014年ごろから再びテレビに出るようになったが、「久々に出た時は、出続けるなんて思ってないし。“出て”って言われたから“ああいいよ”って出てしゃべって」。ところが、その後もオファーが続くようになり、「それがまた、“出るの?俺。またテレビ出るの?”みたいな」と、驚きながら現在に至ってるという。タレントはニーズがあるからTVに出れる、ニーズがなければ出られない、テレビから「生意気」のニーズが無くなって10年、「50代の大人のご意見番」ニーズとして再ブレイクしたヒロミは、10年をかけてテレビ界のニーズに合わせた賢いタレントなのだ。

 

人手不足64.9%、給料UPや正社員になるのは「今でしょ!」。

日本商工会議所が9月末に発表した全国の中小企業6007社を対象に行った「人手不足の状況調査」によると、「人手が不足している」と回答した企業は64.9%、過去最高だった2019年調査の66.4%に迫る深刻な「人手不足」となっている事が判明した。業種別でみると、建設業の77.6%、運輸業の76.6%が「人手が不足している」と回答した割合が高かった。コロナによる深刻な影響を受けた宿泊・飲食業も73.9%となり、介護・看護業、情報通信・情報サービス業も7割を超える企業が人手不足と回答している。人手不足と回答した企業に対応方法を聞いたところ、「正社員の採用」と回答した企業が83.8%と最も多かった。また、求職者に対して魅力ある企業・職場となるための取り組みを聞いたところ、「賃上げの実施、募集賃金の引上げ」と回答した企業が57.0%で最も多かったという。「頑張って働いているのになかなか給料が上がらない」と嘆いているサラリーマンにとっては又とないチャンスが到来したと言えるだろう。給料を上げようとしない現在の勤め先を見限ってより給料が高い会社へと転職しやすい状況になったのだから。また、非正規社員の身分に甘んじている人にとっても転職することで正社員として採用されるチャンスでもある。サラリーマン人生のターニングポイントは、人手不足の「今でしょ!」。サラリーマン諸君ガンバレ!

 

死の5ヶ月前、アントニオ猪木は「墓」を青森になぜ建てた。

我が国のプロレスの歴史に偉大なる足跡を残してきたアントニオ猪木氏が79歳で亡くなった。死の5ヶ月前、猪木氏は青森県十和田市のひなびた蔦温泉に「アントニオ猪木家」の墓を建てていた。生まれ育った横浜でも、活躍した東京でもなく、子供時代を過ごしたブラジルでもなかった。猪木自身も「なんで青森になったんだろうなぁ、ご縁というか必然というか」と5ヶ月前に語っていた⬆。生前、猪木氏は、ひなびた蔦温泉が気に入り、3年前に亡くなった田鶴子夫人を伴い都会の喧騒から遠ざかるように、何度も静かな時をここで過ごしていたという。思えば、猪木氏の人生は、まさに波乱万丈の人生だった。日本プロレスの始祖力道山に弟子入りしプロレス界の寵児となったが、プロレス以外でも世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリとの異種格闘技や漫画家の梶原一騎による猪木監禁事件、スポーツ平和党を立ち上げての政界進出、多くの批判を浴びた北朝鮮親善訪問、湾岸戦争の際の日本人人質開放、講演中に暴漢に刺された事件など心の休まることのない人生だったと言えるだろう。その彼が人生の終の居場所に選んだ蔦温泉、度々訪れた蔦温泉旅館の壁に猪木氏がしたためた「つたえ歩きで」と題した詩文の額がかかっている。「風呂場からゆぶねに浸かれば あつい熱が心地よく体のしんへと入ってくる 汗ばんだ体を水風呂につかれば 小さなことはふきとんで 気分は天国 杖をわすれて廊下を歩く 千年の温 蔦温泉」(原文ママ)。波乱万丈の人生を生ききったアントニオ猪木氏、ご冥福をお祈りしたい。

 

世界的インフレ、日本が一番ガソリンの安い国になった。

世界的にガソリン価格が高騰している中、オーストラリア人の男性が日本のガソリン価格の安さに驚いた動画をフエイスブックに投稿した。日本はレギュラーが171円、ハイオクが182円、軽油が146円。両親の住むオーストラリアに戻ったら、向こうでは軽油が1リットル3ドル(約434円)、レギュラーで2.2ドル(約318円)で、「尋常ではない高さだった」と嘆いている。オーストラリア人の彼は「日本は資源もなく輸入に頼っているのに、なぜこんなにも安く安定しているのか」と疑問に思い、日本政府が発信している情報などを調べた結果、石油元売り会社に対して補助金を支給し高騰を抑えているという事実が判明。「日本政府は非常に良い仕事をしている」と感心したという。これに対する各国からのリアルタイムの反応、ノルウェー「日本はヤバイくらい安いじゃん!こっちはリッター350〜370円だっていうのに」香港「今ここは世界一ガソリンが高い場所になってる。1リッター625円もするから」フランス「レギュラーガソリンで224円。軽油だと246円でちょっと高くなる」イギリス「ここ数年はリッター216円くらいだったのに、最近になって309円に跳ね上がった!」ドイツ「まえは277円を超えてたけど、最近は少し落ち着いて250円くらい」フィンランド「フィンランドなんて388円なんだぞ……。今の状況は本当に危機的だよ」オランダ「2年くらい前までリッター263円だった。だけど今の世界情勢のせいで346円だ。ホントにどうかしてるよ」スペイン「パンデミックの頃は180円だったのに今では277円」スイス「レギュラーで320円、ハイオクで341円」アメリカ「地獄のカリフォルニアではリッター221円。4日おきにガソリンを満タンにしてる日々だよ」。「国葬」批判ばかりでなく少しは我が国の政府を褒めてあげようよ(笑)