ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

インドで発見の雪男イェティの足跡、元々は「資金集め」のガセネタ。

f:id:gunjix:20190501123649j:plain

雪男「YETI」の足跡が、4月30日にインド軍の登山遠征チームによってヒマラヤの雪の中で発見され、その巨大な足跡の写真をTwitterで公開した(⬆上の写真)。軍の登山チームは32×15インチの足跡はイエティのものであると主張し、はっきりと見える足跡の衝撃写真を公開したが、なぜか片足だけの写真だった(笑)果たしてイェテイは存在する生き物なのか?1960年に世界的に著名な探検家18名による国際学術探査隊がエベレスト山麓を調査し、次のような結果を発表している。「イエティの足跡」はキツネのもの。ネパールラマ教寺院に保存されている「イエティの頭皮」はカモシカのもの。「イエティの鳴き声」はユキヒョウのもの。大きなイエティ「チュッテー」の毛や糞はヒグマのもの。中くらいのイエティ「ミッテー」の毛と糞はカモシカのもの。小さなイエティ「テルマー」の毛と糞はアカゲザルのもの。つまりは「イェテイ」は存在しないという結論だった。2003年にチベットで調査をおこなった日本人登山家の根深誠 氏もチベットで「雪男」を指す「メテ」と「ミティ」は人を意味する"mi"とヒグマを意味する"dred"が語源だったとし、イエティはヒグマであるとの結論を出している。それでも「雪男」が実在する生き物と繰り返し言われ続けるのは、イギリスのエベレスト登山隊がイエティを「未確認生物」にして資金を集めていたと1930年代にドイツの探検家E・シェーファーが暴露したように、多くの登山チームが登山の資金繰り[に悩んだあげく、地元でイエティと呼ばれていたヒグマを未確認生物に仕立て上げ、登山に必要な資金集めをしていた為だとされている。何とも儚(はかな)い「イェテイ物語」ではないだろうか(笑)