ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

「私はアナ・ウインターよ」と言い放って「プラダを着た悪魔」になった。

f:id:gunjix:20180827041801g:plain

トレードマークのボブカットヘアにサングラスのアナ・ウインターは世界一のファッション雑誌VOGUEの編集長を68歳の今日に至るまで30年間も努めている。ファッショントレンドに対するその鋭い視点は、時には冷酷とも受け取られて「氷の女」とも評されている彼女。映画「プラダを着た悪魔」の主人公そのものだとウワサされた。彼女はそれを強く否定し激怒したがこの映画の原作小説を書いたのは、アナのアシスタントだった女性ローレン・ワイズバーガーだ。アナ・ウインターのモデル否定に対してローレンは「派手な服を持ち、口先だけの浅はかな苦々しい女性はそう多くはない」とアナを「プラダを着た悪魔」に例えたことを暗に示唆しているのだ。まさに「口は災いのもと」アナ・ウインターの「悪魔ぶり」を示す過去の「語録」の多くがファッション界では語り草になっている。VOGUEの初めての入社面接で「どんな仕事をしたいか」と編集長に尋ねられた若かりし頃のアナが「あなたの仕事に就きたい」といって初めは不採用にされた話、世界的トップモデルを表紙に採用しなかった理由を尋ねられると「私はアナ・ウインターよ」と答えた話、「私は成り上がるために女性であることを利用して上り詰めた」「私が嫌いなのは優柔不断、私は私が話していること決定することを正確にわかっている」など「プラダを着た悪魔」にふさわしい尖った発言の数々で有名になった彼女。68歳とは思えないそのスタイルとセンスの良い着こなし、アナ・ウインターが何歳までVOGUE編集長の座に君臨し続けるのか興味深い。