ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

2018-04-20から1日間の記事一覧

天才は天才を見抜く、ヘミングウェイとミロの無名時代の出会い。

上の絵画はシュルレアリズムの巨匠として名高いジョアン・ミロがまだ無名だった1921年に故郷スペインの農村風景を描いた「農場」というタイトルの作品である。この絵の所有者は20世紀アメリカ文学の巨匠であるアーネスト・ヘミングウェイ。現在なら数百億は…